春の昼餉


友人が苺を持って来訪。
お昼を一緒に。
メニューは
鶏芋ご飯(黒大豆・胚芽米いり)
吸い物(菜花・豆腐・桜の塩漬け)
鶏ハムにアイスプラント
 南アフリカ原産の植物らしく、海水と同等程度の塩水でも栽培が可能らしく、特徴として塩嚢細胞(ブラッダー細胞、英語:Bladder Cell)という、体内に入ってきた塩分を隔離する細胞が発達する。 佐賀大学農学部の野瀬博昭教授が研究して栽培法を確立した。

すき昆布の土佐煮(人参入り)
割干し大根の煮物(生椎茸・アゲ・人参)
菠薐草の醤油麹和え
里芋煮

食後は苺と森山の珈琲と昨日友の会で買ったレモンケーキ。
ひとりで食べるより、ふたりで食べるのが美味しいなあ。

今日はそらあるきでつかのみきさんのダンスライブがあるのだけれど、明日のさよなら原発北九州集会の原稿が出来上がらないので、断念。
あの美味しいスイーツ・・・・・

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

ぱくぱくわいわい和気藹々

若い友人(50代ひとり40代前半ふたり)と会食。
小倉北区コレット側の「あんばい」 

美味しかった。

ひさしぶり美味しいお刺身を食べた。
集まったのが7時過ぎだったが、11時過ぎまで・・・・

お昼もやってるらしい。
火曜日はお休み。

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

こそはの集い


 八幡西区の熊手町クリニックの第7回「こそはの集い」
町に精神科のクリニックは30年も前は希有のことだった。
あえて挑戦、地道に町のお医者さんのy先生。
去年は少し草臥れて「あと10年がんばります」とだいぶ無理なさっている感じだった。
しかし今年は髪も短くされて、燃えていらっしゃる。
五島列島の海と落日に何かを感じ、その数日後の大震災

さよなら原発15000人集会や、福島の集会にも参加されたそうだ。
それでグランパ句会への投句がなかったのだろう。
俳句でご縁が出来て、もう10年以上経った。
1年に一度逢うのは懐かしいな。
医療や介護関係の若い方もたくさんいて、心強い思いをする。

カムズ通りの韓国料理のお店のオーナーさんも毎年いらっしゃっているが、今年はこの絵も。

絵を描かれるとは知らなかった。
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

やまももカフェ6回目


2月21日、思いつきから始めた「やまももカフェ」
4合の玄米とぬか漬けの大根や人参蒟蒻
常備菜の鶏ハムや土佐煮、はりはり漬けを用意しておくのだが、例えば蕗が到来し天ぷらをしたり、先週は友人のKさんだけだったが、鯛のソテー用をグリーンコープで買っていて、ソテーにせず揚げたのだが、Kさんが持ってきた自宅のローズマリーも一緒に揚げて、いい香りだった。

今日はおはなしやがらがらどんのSさんがまた中国茶を煎れてくださる。
次女もくる。
福岡の「木の花がるでん」の間引きの人参を買ってきてくれたので、天ぷらに。
美味しいのだ。

献立
雑穀入り玄米ご飯
お味噌汁(大根の皮・人参・キャベツ・生椎茸・大根葉)
めかぶ
鶏ハム(クレソン・ほろ酔い人参・すき昆布の土佐煮)
人参の天ぷら(葉も)
とこづけ(大根・人参)
水俣の甘夏柑

食事の時は中国の紅茶。
食後のお菓子は昨日頂いたプレーンのシフォンケーキ・
これには
工芸茶(おゆをそそぐと開くお茶)

連日の演奏で笛田千裕さんはちょっと鼻血。
大丈夫かな。

また水花をする。
開くときの感動!

次女に車出して貰って画用紙と絵本を八幡の集積所へ持って行く。
八幡バプテスト教会のまん前だった。
まだまだ絵本を集めたいなあ。
まだきれいだけれど眠っている絵本はありませんか。
「こどものとも」は薄くて内容が良くて、最適です。
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

擦過傷


11日の小倉城

3連休は、一歩も外へ出ず。
ピアノを拭いてわっくす
ガスレンジのこびりつきを重曹で削除。
すると右手の甲に三カ所の擦過傷。
夕方、書斎に積んだあれこれを片付けよう!と決心して働いていたら、蚊!
秋の蚊は必死なのだろう。
痛い。それからかゆみが襲ってくる。
すぐに石鹸をつけて洗うが、またお風呂場でも刺されて、泣きっ面に・・・・
一カ所ではないから、地団駄踏む想い
かゆみがそこだけではなく、じわーっとはい回ってくるからだ。

昨夜は深夜ラジヲを聴きながらたまった郵便物書きしていたら、4時になってしまう。5通


今日はグリーンコープの配達なので、1階までおりる。
お米に日本酒に野菜にとたくさんだったので、係りの方が運んでくださる。
有り難いこと。

友人来る。一緒にお昼御飯。
玄米
小松菜と揚げの煮浸し
オクラいり納豆
おろしちりめん
鰯の糠炊き
鶏ハムとサラダ菜トマト添え
浅漬けの胡瓜にかぼすたっぷり
生プルーン

ゆっくり食べる。
彼女も一人暮らしで、あれこれあって最近食べられなくて体重も減って心配。
わたしもひとりだったらいい加減になるが、二人分だと作るのも楽しい。

4階は風が吹き通る。
お天気雨だったので虹は?と探すが、虹が出るほどは雨は降らなかった。
珈琲は、豆をミルで挽いて淹れる。
一人だとしないけれど、二人だとすっと出来るのはどうしてだろう。


23日は仲秋の名月。
この日は竹田に彼岸花を見に行く。
2萬本らしい。想像できない光景。

写真はこのところお気に入りの恵比寿のブルー
豪華客船飛鳥限定版らしい。
シルクも好きだけど。
Posted by やまもも | comments(2) trackbacks(0)

今日はどこへも行かない日!

西日本工業倶楽部の暖炉。
素晴らしい。

まったく予定のない日。
ふっと不安になって手帳や食堂のカレンダー(予定を書いている)を眺めると空白。ああ、安心。
気になっていた友人二人に電話する。
二人とも高校の同級生。1年の時同じ女子クラスだった。
一人はお母さんの介護。
もうひとりは放射線治療受けているとの葉書の人。
なんだかどきどきするが、電話で話して二人とも元気で良かった。

ゴミ捨てにも行かない。
1回だけ下のポストまで降りる。

クリーナーを念入りにかける。
ミク友ピーコさんのコンセントの写真を見たので、あちこちチェック。
昨夏、洗濯機のコンセントにもも太郎がおしっこしショート、丁度在穂高で帰ってみると、冷凍庫の、私の大好きなマンゴーが発酵してぱんぱんにふくれていたのだった。

昨夕は旧古河鉱業若松ビルの方から電話いただく。
マイラスさんの演奏を3月18日(木)6時から2.3曲。
出演料有り。有り難いなあ。
また、「やすらぎの郷」は3月20日(土)に決まる。
創立記念日だから、いい日に演奏できて嬉しいなあ。
2月24日は城野小学校2.3年生。
その午後は小倉南区の企救特別支援学校の全生徒。
3月3日は牧山小学校2年生。

「スーホの白い馬」の朗読の練習をする。
できたら「語り」たい。

そしてもう一人、わかい友人にメッセージを送る。
随分昔(いえ何十年前ではなく)日記広場の初期の頃、インタビューに来てくださったN子さん。
彼女に日記広場たよりを送ったら、彼女の親友のまざあぐうすさんへ再送してくださったのだった。
それとは知らずに、インターネットでまざあぐうすさんのお嬢さんへの思いのブログに感動してお知り合いになったのだった。

今日はゆったりとあちこち見ていたら、まざあぐうすさんのマイミクさんに目がとまった。
ひょっとして・・・開けてみるとやっぱりN子さん。
それも明日がお誕生日。
不思議だなあ。嬉しいなあ。
「お誕生日おめでとう」という言葉、大好き。





Posted by やまもも | comments(2) trackbacks(0)

有朋自遠方来不亦楽乎

山梨清里の紅葉
次男の生活団同級生のお母さんのH子さんとHみさんが来てくださる。
勿論二人とも私よりお若い。
勿論昼食持参。
勿論食器も洗って帰られる。
勿論話題豊富で、みんなでけらけら笑う。

笑ったのが大いに効果有りで、午前中まで眩暈の後遺症があったのが、すっかり良くなる。
おまけにあれだけ痛かった右肩が、痛くない。

嬉しいなあ、友人は。



Posted by やまもも | comments(2) trackbacks(0)
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS