排水管工事終了

今日も8時半から水が止まるが、工事は1階なので、人の出入りが無く静か。
お昼はイタリアンの総菜を次女が買ってくる。
ドライカレーとミネストローネとクリームスープ。冷凍で、軽くチンしておなべで温める。 
電子レンジはほとんど使わないが、今日は特別。

ふたりでゆっくり食べていたら、工事の人が「終わりました」と水道管を開けてくれる。

しかし、工事をして分かったのだが、洗面台がずっと洩れていて、土台が腐っている。
洗面台を取り替えて、土台の工事をして・・・・予定外の出費。

来週の水曜日までに洗面台が取り付けられるか不明。
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

配水管工事で断水!

30年経つから排水管の取り替え工事が始まる。
8時半から6時まで断水でトイレも使えない。
がーーーとものすごい音がして、ももは逃げている。
でも音がしなくなると出てくる。
工事の出入りで玄関が開いているので、今のドアは閉めていても開けて出るからお縄にする。
でも開けて出て行き、工事の人に撫でられて喜んでいる。

台所の排水管。
棚をきれいに拭けて良かった。
 
洗面所が、水が漏れていて下が腐りかけている。
思いきって洗面台交換。予算外!

あと一年は済むだろうし、気持ちよい洗面をしたいと決断。
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

さよなら原発!


さよなら原発!11/10沖縄九州集会が舞鶴公園で開かれました。
10時戸畑区役所前出発。
会場のテントで豚まんとおにぎりを買って昼食。
濡れているので座れませんが、よういのいいSさんのビニールシートにお邪魔しました。
雨も降ってきます。でも時雨なので病みます。
最後のダンスはスェイン佳子さんのグループだったので会いに行きました。
みんな同じさよなら原発のシャツです!私は踊りませんよ。

3時からの行進は取りやめました。朝からちょっと膝が痛い。
バスで待っていましたが、といれ!
目の前のローソンは「トイレは使えません」
ずっとずっと離れたファマリーマートで用足しを。
これなら行進しても変わりない?と思ったくらいでしたが、終わられた人はみんな「きつかった」と言われたので、やっぱり休んでいて良かったです。

毎日新聞 http://mainichi.jp/select/news/20131111k0000e040097000c.html
行きのバスで3人の方が「じんじん」の切符を買ってくださいました。感謝

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

丸ごと引越の町

10:30〜
「フタバから遠く離れて」
福島県双葉町は、1号機の水素爆発を耳にし「死の灰」を被った。
町民1400人は250キロ離れた埼玉県の高校へ 避難。

船橋敦さん監督のドキュメンタリー
黒崎の子どもの館で上映。

バス降りてすぐのエレベーターに乗ると、行き着けない。
また降りてうろうろ、階段登ってみるとシャッター。
案内が不親切。

故郷に帰りたくても帰れない。そこに留まって牛の世話をしていた方がいる。
被曝しているから乳も肉も売れない。
でも今まで飼っていた牛を殺すことは出来ないと。

行方不明だから探しに行こうとしたら、撤去命令が・・・・
あのとき探していたらお母さんは助かったかもしれない!
そう話す息子さんが切なかった。

映画の最後のほうで、大事な会議なのに挨拶だけしたら「公務があるので」と退出する背広姿に日本の政治の無目的さを見た気がする。
そのあと双葉町長さん(原発誘致で町は潤ったかに見えたが、お金が下りてこなくなって破綻しかけたので原発7号機8号機の誘致を進めていた)の絞り出すような悲痛な言葉をどうして聞かないのだろう。
あの言葉より大事な公務とは何なのだろう。
思い心を抱えていたせいではないが、至る所で傘を忘れる。
ちょっとで思いだしたから手に戻ったけれども・・・・・

お昼は北九州抱樸館で。
牛丼。400円。美味しかった。みそ汁が私には濃かった。
ひじきは薄味で良かった。
14:00
八幡西図書館講座 講師野口和夫さん。

「最もたいせつな言葉の役割は感情を共有すること」
「うたう郵便配達夫」を語ってくださる。
男の人の語りって良いなあ。
新美南吉さんの『うたどけい』を朗読。
男の人の朗読って良いなあ。

クエストで長男の誕生日祝いの絵本を買う。
文字のない絵本『ツリーハウス』

17:00
戸畑のしん門で革新懇の交流会。3年目ではじめて。
11名参加で、6名B型!みんなで笑っちゃった。
じんじんを宣伝。Aさんもフォローしてくださったので、チケット15枚預けられた。

後の月なのに、姿が見えない。残念。
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

再び署名活動

脱原発をめざす戸畑の会の署名活動は、毎月11日。
だが、今日は「さよなら原発2013九州沖縄集会」のための署名活動。
川内原発や玄海原発の再稼働を認めないで下さいと県知事に出す署名を集める。
いつものは国会に出す。

今原発は1基も動いていない。再稼働を認めて欲しくない。
今日は二人連れもよくしてくれた。高校生も・・・・
ネクタイを締めた方型で署名してくださった方はこれまでにいないと思う。

 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

工場見学


9:00
きれいな空気を取りもどし健康を守る会で八幡製鉄所戸畑工場の見学。
タクシーをチャーターして構内を回る予定で行くと、市会議員さんがメンバーにいるということで、製鉄所のバス(映像も見られる)が運行。
先ず4高炉。現在これ1基。
35年くらい前だったか、連れあいが徹夜して真っ黒になって、部下の若い人も連れ帰って朝ご飯を出したことを思いだしたが、これの関係だったかしら。
そのあと君津4高炉?だったか出張が多かった。初出銑で関係者は記念に手型を取った。

次は圧延工場。真っ赤な銑鉄がごーっと流れてきて又戻り、そしてするするーと伸びていく。
水がかかり水蒸気がたつ。熱い。
上の階段から見るが、怖かった。
しっかり手すりを持って歩く。
軍手が真っ黒。

終わって小倉のデパートで化粧品売り場の鏡を覗くと、顔に煤が・・・・・

鐵を作るために燃料は石炭だが、それをベルトコンベアーで運ぶ。
それは密閉するようにと法律にあるらしい。
知らなかったなあ。
14:00
遅いお昼を一丁目の元気で、胡麻うどん。
うどんに胡麻が練り込んである。お手ふきが嬉しい。
ドクダミ茶発見。即購入。

16:30
8月9月お休みして、久しぶりのマイマイ句会。
3人でこぢんまりと。

バスで帰る。
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

インドの茜

7日(月)は戸畑区のterra で茜染め。
味噌梅ドクダミのデトックスを話してくださった富田貴史さんが講師のワークショップ。
草木染め。

インドアカネのチップ(茎や枝)を先ずお湯に30分つける。
そのあと火にかけて60度以上にして、染められる染液にする。

これは漉して液だけにする。
残ったチップは天日干しにすると又使える。
薬効もあるから飲む。

染めた後の液は足湯に良い。

その間に麻布にデザインを。
麻糸で縛って模様を出す。
ビー玉を包んで括っても面白い模様になる。
屏風たたみにして何カ所か括ると模様になる。
放射状にたたむと、広げたら円形が模様づけられるのが気に入って、Tシャツはそれに挑戦。
それぞれが思い思いに括っている。
どんな風になるか楽しみ!

茜は色からして血に関係する。
赤ちゃんは子宮にいるときこの色を見ていたはず。
血行促進し、心臓の働きを良くする。一番大事なところ。

草木染めを身につけると気分が違うらしい。
化学繊維で化学染料を身に纏うのは、体に可哀想とおもって、出来るだけ木綿麻絹を身につけてはきたが、その中でも麻は少なかった。
で、去年当たりから「麻、麻・・・」と探していたのも流れだろうな。


デザイン?した布を先ず明礬を溶かした鍋に入れて20分くらい良く煮る。媒染

それを絞って、染液に入れる。
温度が高いほど良く染まる。低い温度から浸して火を入れて高温60度で15分くらいい。
混ぜながら様子を見る。

塩ひとつまみ入れて水ですすぐ。後は水だけで2かいくらい。
絞って干す。
いろんな手ぬぐいが出来上がる。

Tシャツと広布は、terraに置かせてもらう。
句会へ行くのに荷物になるから。

手ぬぐいと、着物の半襟を染めたのは小さいので持っていき、句会で自慢する。

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

石巻の保育園へ

風船唐綿の花

北九州友の会は東日本震災原発大震災後、「支援の日」というのを決めて、石巻保育園におやつを 送っている。当初は毎週、しばらくして月2回、中央からの要望に応えてスモックを縫ったり、鍋帽子100個を晒しの布巾を添えてとか、入園入学用の手提げ袋を刺繍やステンシル入りでとかつくっていたが、去年からは定期的に月1回、石巻保育園にクッキーを送っている。
で、今日がその日なので、バスで友の家に。いつも車を出してくださる方が今日は昼からとのことで、あの坂道を歩いたのだが、膝が痛むことナウ登れて良かった。しかし、立ちっぱなしの作業なので帰りは次女にSOS。
用事の合間を縫って迎えに来てくれて感謝。

クッキー用の粉を計って篩うとか、切られたアイスボックスクッキーを並べていくとか、そんな単純作業しかわたしは出来ないのだが、いままでずっと続けている会員の働きに、今更ながら深く敬意。
なかなか月曜日に友の家まで行けなくて、心苦しかった。
友人に誘われてしまなみ海道日帰りツァー参加で明日の最寄りリーダー会に出らない。
それで1月入会のTさんに代理をお願いできたので、せめてとの思いからの参加。

旅好きの友人はお母さんの介護をもう10年。
介護に専念するために定年より早く退職。
しかし、毎日病院に行くことは並大抵ではない。
沖縄戦で父上が亡くなられて以来の母子家庭。
一人暮らしなので憂鬱にもなり気晴らしも必要。
わたしも積木、色音とがんばったから、息抜きに。

6時からは抱樸館北九州でのNPO北九州ホームレス支援機構の臨時総会。
定款を変更するため。
震災に会った方達への沢山の支援が定款の文言にあわないから、NPOとして認められなくなるとの指摘があったからだ。

総会前に抱樸館を見せていただく。
写真はMLでのtaniseさんのが素敵。
8月22日の試食会。
これはどうやったらUP出来るのだろう?
Posted by やまもも | comments(2) trackbacks(0)

ホーリーバジルの花

 
今日はどこにも行かないでいい一日。
ベランダが汚くて気になっていたので取りかかる。
汗がじっとしていても出るが、このところ汗をかくせいか体重計に乗るのが楽しみ。

それはさておき、水だけは忙しくてもやっていたせいか、風船唐綿は花を沢山付けた。
そしてホーリーバジルの花が咲いた。
1日に咲いて写真を撮ったが、今日のはもっと美しい。
紫蘇科だからうすむらさきの花が可愛い。
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

水俣・福岡

JR九州ホールでの水俣・福岡展
水俣フォーラム
実は行きたくなかったのです。
見ると苦しくて、辛くて。
水俣、カネミ油、フクシマ
もちろんヒロシマ、ナガサキを含めて、なんの罪もない人が事件に巻き込まれ苦しんでいる。
政府は企業優先で切り捨てようとしている。
もし私が当事者だったら・・・・
耐えることができるのでしょうか?

石牟礼道子さんの団欒(まどい)の言葉に震えました。

1時から支援の藤本寿子さんのおはなしを聴きました。

大学生の時石牟礼道子さんの苦界浄土を読み、水俣に。
ガイアみなまたで働きながらずっと支援をされています。

漁師で水俣病患者の緒方正人さんは「私もまたもう一人のチッソであった」と言われましたが、彼女も「今まで支援という立場だったけれど、わたしも同じ被害者なのだとおもう」と話されたことが印象的でした。フクシマと水俣は同じです。経済成長優先の国家の政策が、被害を大きくし、なんの罪もない多くの人々を苦しめました。「お上のすることに間違いはない」という幻想をほとんどの人は持ってはいないと思いますが、誰かがやってくれるだろうとの安易な考えを持っているような気がします。
前回の水俣フォーラムでは寄金もし、ポスターも貼ったり、入場券を綴りで買ったりの協力をしたのに、今回は何もしませんでした。でも会場に行けて良かったです。
 

次は305番のバスで百道へ。いえ、ヤフードームではなく福岡タワーでもなく総合図書館へ。

角野栄子さんと目黒実さんの対談「魔法のことば魔法のデザイン」 

角野さんの魔女度は?と目黒さんが質問される。
谷川俊太郎さんの「35の質問」から

前世は?おごじょ
自信を持って扱える道具は?めがね
 眼鏡が決まると洋服が決まるのだそうです。

 今日の眼鏡は

一番印象に残ったのは一日が25時間あるとしたら、その1時間はどう使う?
 賑やかな街を見下ろせる2階のカフェですごす

博多駅でそれを思いだしカフェに入りました。
残園ながら2階ではなく、そのまま通り過ぎる人を眺めました。

Posted by やまもも | - -
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS