197回グランパ句会の報告

熱い日差しでしたが、牧山小のお昼休みのおはなし会へ。

で、タクシーで。

運良く牧山小の玄関には東の山笠のトラックが。

お囃子中でした。

ああ、太鼓の音。いいねえ。

卒業生です。

子どもたちも喜んで聴いています。

197回グランパ句会2016年6月13日(月)

         旧五月九日 腐草為螢(くされたるくさほたるとなる)
特選    選                                                     (作者
     な美雅ま夏     1 横新緑やまぶしく光る勇ましさ(ゴン
     な賢        2 苧環の絵書きうれしき外泊中 (夏日
     信あ聰       3 時雨抜けトンネル抜けて力み抜け(美穂子
             4 急カーブ注意梅雨時からすどき(聰子
あ友ご達 乱義な聰福雅筆春  5 ビール飲む母の鎖骨の透き通る (ひとみ
               6 再会やあまいあまいマンゴープリン(藍
    ひ友美福達ま春晴れ  7  菖蒲池飛び石渡る下駄の音 (筆子
              ひ藍穂夏                 8 五月雨や石蹴りしてさあ帰ろうか (春美
              筆                          9 誕生石ダイヤもガラスもわからない(喜儀
           夏         10 ラッキョウのお茶漬けを食む雨の朝(乱葉
    春         11 せがまれて今年も作る梅ジュース (さつき
      穂な聰       12  涅槃風私も春のカラン風邪 (夏日
      美         13  紫陽花は雨を待ちわび揺れている (ゴン
              あ友義美福達ぱ喜  14 首傾げ薔薇の香こぼす風山手 (藍
              春ま                    15 ミニ薔薇に小蜂戯れリズム生れ  (美穂子
              筆                       16 仕事終えビールが旨い一口め (ゴン
           賢香晴れ              17 青信号立ち止まる走り梅雨 (藍
乱聰        賢藍信喜              18 幼子に相槌打たれ薄暑かな (ひとみ
夏穂        ご晴                    19 緑風の水面さやさや光立つ (乱葉
ひ藍春     賢あ友ぱま筆        20 うしろ跳びまえ跳び六月酢は強め (聰子
賢美        乱信聰                 21 丸顔の紫陽花痛む首あたり (藍
      さ藍                    22 真っ白の紫陽花までのぬかり道 (賢二
              雅ひ                    23 歯磨き時、鶴がソロソロ歩いている。(夏日
              ご義                    24 一人きり青葉そよそよ窓覗く(美穂子
香な筆     穂友義達夏喜ぱ      25 逝くときも嫁ぎしときも百合の花 (ひとみ
              ひ香信福               27 金魚草グロスの映えるあひる口 (藍
              乱香福ぱさ喜春晴   28 大地揺れ後は残りし梅雨肥後路 (賢二
              香晴                     29 曇天に映える彩り濃紫陽花  (さつき
                                        30 誘われて来れば万緑筑紫路や (乱葉
              ひ藍達ご              31 膝窩(ひかがみ)や整いすぎる聖家族(聰子
                                        32 美しい夕焼け背にし帰り道 (ゴン
              ま穂                    33 朝市の白壁に張り付くホタル  (賢二
選句御礼
雅:佐伯雅啓 達:柳井達生 あ:峯本あけみ 友:佐藤友美 信:古島信子
ぱ:ごんぱぱ ま:ごんまま 義:藤井義昭 福:山福康生 な:川口真樹子
香:真武香織 美:佐藤美香 晴:金谷晴美

 

7月グランパ句会は11日(月)です。
 

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

197回グランパ句会

梅ちぎりやはじまり一座のこともあるけれど、あすの句会のUPです。

明日は飯塚の「みんなのおうち」での山福朱実さんのワークショップに参加するので
選句は9時までにおねがいします。
間に合わないときは私の携帯にお願いします。
09096020953です。携帯メールはpata-09-pon-28-satoq@ezweb.ne.jpです。よろしく選句のほどお願いいたします。

百九十七回グランパ句会
    二〇一六年六月十三日(月)旧五月九日 腐草為螢(くされたるくさほたるとなる)
 
 1 新緑やまぶしく光る勇ましさ       
 2 苧環(おだまき)の絵書きうれしき外泊中   
 3 時雨抜けトンネル抜けて力み抜け      
 4 急カーブ注意梅雨時からすどき       
 5 ビール飲む母の鎖骨の透き通る       
 6 再会やあまいあまいマンゴープリン          
 7  菖蒲池飛び石渡る下駄の音                
 8 五月雨や石蹴りしてさあ帰ろうか       
 9 誕生石ダイヤもガラスもわからない      
10 ラッキョウのお茶漬けを食む雨の朝      
11 せがまれて今年も作る梅ジュース             
12  涅槃風私も春のカラン風邪         
13  紫陽花は雨を待ちわび揺れている       
14 首傾げ薔薇の香こぼす風山手            
15 ミニ薔薇に小蜂戯れリズム生(あ)れ     
16 仕事終えビールが旨い一口め          
17 青信号立ち止まる走り梅雨              
18 幼子に相槌打たれ薄暑かな              
19 緑風の水面さやさや光立つ          
20 うしろ跳びまえ跳び六月酢は強め             
21 丸顔の紫陽花痛む首あたり
22 真っ白の紫陽花までのぬかり道               
23 歯磨き時、鶴がソロソロ歩いている。      
24 一人きり青葉そよそよ窓覗く            
25 逝くときも嫁ぎしときも百合の花        
27 金魚草グロスの映えるあひる口            
28 大地揺れ後は残りし梅雨肥後路             
29 曇天に映える彩り濃紫陽花                 
30 誘われて来れば万緑筑紫路や               
31 膝窩(ひかがみ)や整いすぎる聖家族          
32 美しい夕焼け背にし帰り道             
33 朝市の白壁に張り付くホタル                  


はじまり一座は谷瀬さんのすてきな采配で、もう最高でした。

図書室カフェITOHさんで朗読した子たちと。
 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

一九六回グランパ五月句会

一九六回グランパ句会
2016年5月9日(月) 旧卯月三日
   (蛙始鳴  かはづはじめてなく)
 1 昼下がり瞳の奥に蝶ゆれる              
 2 新緑や両手伸ばして深呼吸              
 3 皿倉の麓は如何に若葉寒               
 4 地震(ない)続く箱庭日本櫻の実
 5 ミントティー買いに走る夏初め
 6 門司港に跳ね橋はねる初燕            
 7 お日さまの力いただく緑かな            
 8 三つ編みのひそひそ話春しぐれ             
 9 眠り覚め井戸端会議のメジロかな            
10 春 希望と少しの嘘を用意               
11 空いっぱい命輝く燕二羽                 
12  カーネーション母に感謝いつまでも           
13  カルピスの甘さが残る薄暑かな             
14  おさなごの手に蒲公英や熊本地震             
15 駆け寄りし手に色紙の鯉のぼり              
16 若葉風遠賀の川面にさざめきぬ              
17 枝しなう青梅 雨をふくみける            
18  つばくろや飛行機雲の通る街             
19  子どもらの用事で終わるゴールデン          
20 孫と我薔薇一面の日に生まれ             
21  夕立やスラングばねをもっている           
22 新緑や木漏れ日の中大あくび             
23 空に舞う桜吹雪の気前よさ               
24 ぎざぎざの地震警報洗い髪                      
25 初夏や胸に一輪ダリの薔薇                  
26 紅ひかぬ明眸皓歯若葉光               

27 音たてて若葉溢れる河内峡     
Posted by やまもも | comments(4) trackbacks(0)

195回グランパ句会の結果です。

 195回グランパ句会
    2016年4月11日(月)旧弥生三日 鴻雁北(こうがんかえる)
特選                選                                       (作者
                     乱美            1 桜咲く君の居ぬ世の悲しさよ (ゴン
                     賢ご美春筆    2 花吹雪重い重いランドセル (美穂子
                     喜                3 ドキドキとうれしはずかし一年生(さつき
                     ひ香穂          4 櫻の湯もっとも遠き椅子に座す (聰子
                     美藍           5 五本あるコブシも葉っぱになりました(乱葉
                  達              6 百万の過客の一人柳絮飛ぶ (ひとみ
       穂喜      7 手を洗いえくぼ浮かべてさくら餅(藍
       ご春              8 唯悲しソメイヨシノの定め散る (賢二
       ご美ぽ     9 校庭にピンクが積もった花吹雪 (さつき
       聰穂     10 春雨よ悲しみ深く我を打て         (ゴン
乱賢ご香穂喜   達藍筆        11 這いはじむ足裏の白さ五月来る (ひとみ
       ご      12 祇園町花満開の寂寥感 (乱葉
              13  流れ着け異国の島に春までに   (賢二
              14 桜雨旅立ち愛をありがとう           (ゴン
達藍信    乱筆晴    15 猫が居て犬居て人居て風光る (聰子
            賢香晴    16 花曇り孫の動画を繰り返す   (美穂子
       ひぽ香達筆晴17 春潮の満ちてひっそり旅の跡 (藍
                                    18 菜の花や笑顔いっぱいありがとう (ゴン
                     聰喜乱香信   19 櫻散る薄桃色ののぼり坂      (美穂子
                     賢ひ聰春      20 花筏流れて海までいくんかえ(乱葉
                  藍信            21 個人的見解不要はなごろも (聰子
                                       22 囀りに目覚め母親一日目 (ひとみ
                     聰晴穂         23 春の月鼻歌やさしくとけてゆく(藍
                  ぽ達藍         24 何もかも唯走り去る春の宵      (賢二
                     ぽ               25 春雨よあなたを思い降り注ぐ   (ゴン
                                       26 慣れぬまま君なき朝に初さくら(ポポ
                  賢ひ喜         27 新卒の靴ずれ重し春隣り  (ポポ
筆                  乱春            28 骨となり帰りし家路春の蝶 (ポポ
    選句謝(敬称略)
            達:柳井達生 晴:金谷晴美 信:古島信子 香:真武香織 美:佐藤美香
            マイマイ句会:福場喜儀・山下筆子・山田春美

5月句会は8日(月)18:30~

 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

194回三月グランパ句会

テレジンの死の地下道(500m)をくぐり抜けるとこの大きな木がありました。
ずっとずっと見てきたのでしょうね。

三月句会は私が気管支炎のため欠席。
乱葉さん賢二さんひとみさんの3人の句会でした。
でも、初投句の美穂子さん、横浜や東京、広島、鞍手からの投句、 そしてなにより
FBを見て選句して下さった8人の方の助勢で、こういう賑やかな結果となりました。
ありがとうございます。

百九十四回グランパ句会
     二〇一六年三月二八日(月)旧如月二〇日:七二候櫻始開
特選      選                        (作者  
さ雪      乱穂ぽ菜美   1 ゆっくりとただゆっくりと春を浴び (ゴン
    乱星聰藍ご   2 格子戸に光芳し春の朝 (美穂子
    藍       3 ルナロッサ櫻開花の夜冷えて(乱葉
風菜          4 いと白き小さきデージー石畳 (聰子
    さ       5 寄り添って母の遺影とカンパーニュ (ポポ
    ひさご美    6 古妻と石段登る彼岸寺 (賢二
聰   穂砂美     7 花の道右また左さらに上 (ひとみ
達砂美 ひ星雪     8 琴の音やぽつりぽつりと夕桜 (藍
    雪達ぽ     9 生きているただただ春に感謝して   (ゴン
    乱賢砂藍   10 大木になりてひっそり花辛夷(ひとみ
    星達     11 云わせまい名も無き草とイヌフグリ(乱葉
乱   穂砂     12 主無き庭に古木の桜かな (賢二
    賢風達ぽ   13  女子会の身振り手振り桃の花(藍
賢     美                14 蒲公英の絮吹く海は青かった   (聰子
            風                15 労働者春に一礼発泡酒  (ゴン
藍         彰聰菜          16 ただ楽しく生きたいだけなの春遠し(ポポ
                               17 はや三年爺の笑顔の花満つる  (美穂子
ご彰      砂                18 タンポポや今日も生きろと励まされ (ポポ
ひ         聰ぽ菜          19 春という地球の上を歩いてる  (ゴン
            風さご          20 おっ今日は雪化粧だね皿倉さん  (乱葉
                               21 あたりまえの毎日が楽しく麗らかに (ポポ
            乱雪穂          22 新しい決意いざなう沈丁花  (さつき
            ひ星達藍       23 生き様を小さく問へば夕霞  (賢二
            賢                24 明日よりは神戸に住む子弥生尽  (ひとみ
                               25 せせらぎに身を縮めて春うらら (藍
穂                            26 通学路思いでの路桜道  (さつき
星ぽ  ご風賢聰ひ菜  27 弁当箱カタカタカタッ初桜  (藍

選句多謝 風:風間和美 星:星草堂 雪:池田真奈美   達:柳井達夫
             砂:佐藤里沙 彰:油布彰  菜:川口真樹子  美:佐藤美香
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

194回グランパ句会選句を!

百九十四回グランパ句会
     二〇一六年三月二八日(月)旧如月二〇日:七二候櫻始開
好きな句を五句お選び下さい。特選句は◎です。

1 ゆっくりとただゆっくりと春を浴び
2 格子戸に光芳し春の朝
3 ルナロッサ櫻開花の夜冷えて
4 いと白き小さきデージー石畳
5 寄り添って母の遺影とカンパーニュ
6 古妻と石段登る彼岸寺                  
7 花の道右また左さらに上
8 琴の音やぽつりぽつりと夕桜
9 生きているただただ春に感謝して
10 大木になりてひっそり花辛夷
11 云わせまい名も無き草とイヌフグリ
12 主無き庭に古木の桜かな                 
13  女子会の身振り手振り桃の花
14 蒲公英の絮吹く海は青かった
15 労働者春に一礼発泡酒
16 ただ楽しく生きたいだけなの春遠し
17 はや三年爺の笑顔の花満つる
18 タンポポや今日も生きろと励まされ          
19 春という地球の上を歩いてる
20 おっ今日は雪化粧だね皿倉さん
21 あたりまえの 毎日が楽しく麗らかに        
22 新しい決意いざなう沈丁花                 
23 生き様を小さく問へば夕霞     
24 明日よりは神戸に住む子弥生尽           
25 せせらぎに身を縮めて春うらら              
26 通学路思いでの路桜道                     
27 弁当箱カタカタカタッ初桜



 
Posted by やまもも | comments(2) trackbacks(0)

193回グランパ句会

百九十三回グランパ句会
               二〇一六年二月八日(月)旧正月
特選 選
美      穂ぽご喜           1 こどもらの瞳輝く雪合戦 (さつき
     藍さ筆            2 春陽気仕事終わりの発泡酒 (ゴン
     百聰美            3 立春を違えぬ小鳥番かな (ひとみ
     ひご喜            4 いっちょんすかん駅伝とめる大寒波(聰子
ご睦     春美         5 母逝きて淋しさ募る春なのに (ポポ
前      藍百庭穂ご      6 椋鳥のがやがやがやと冬の夕 (乱葉
       ご睦美      7 仲人に年に一度の年賀状      (喜儀
る            春ぽ星さ           8 一直線きみへと走る年賀状  (筆子
               賢明                 9 カーテンを着せ替えさせて春近し (ポポ
乱            筆明達穂る普さ10 冴返る三日月蒼き天を刺す             (賢二
               普達              11  寒菊や愛想笑いで口荒れる (藍
               春                 12 春の風感謝感謝でにやけ顔   (ゴン
                                   13 居酒屋の生け簀の魚よ今は冬 ( 乱葉
達聰          庭藍普          14 春寒に一瞬一生泰男の碑           (ひとみ
喜       賢乱星穂       15 降り止まぬ雪列車よりメール打  (筆子
ひ庭    賢乱星百   16 父も母もいない朝ですネルの足袋 (聰子
      美筆             17 毛筆に似せて書いても機械書き  (喜儀
             18  冬空にオペレッタは良く似合う  (藍
ぽ藍普星  春明     19  つまづきて泪の光るひな祭り  (賢二
                喜さ             20 ウォーキング弾む心に春の風   (ゴン
星賢筆   乱明達前普睦 21 春風や生え初めし歯に母の指  (ひとみ
さ     乱賢ひ達聰睦 22 「気ままに」をやっと覚えて春うらら (ポポ
春     ひ聰     23 寒雀追ってつまずく自尊心             (藍
穂            24 初寝覚め母はころころ笑っていた   (聰子
     ぽ藍喜睦    25 白銀に舞い戻るかな幼き日  (さつき
     ひ       26 見栄はってなんぼと男のしわぶきや(乱葉
             27 湯冷めかな向かい酒で居を正す (藍
     ぽ聰      28 右膝の鈍き違和感春淺し      (賢二
明     筆      29 冬茜ただまっすぐと立ち尽くす        (藍
三月句会は二八日(月)
選句謝(敬称略) 前:前田和美 る:津田るり子  明:小野明子  穂:山本美穂子
        庭・谷瀬未紀   星:星草堂   達:柳井達夫  普:アウトドア親父
             睦:神田睦   美:佐藤美香  百:百足山昌子
 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

2月グランパ句会です

旧暦大晦日の今日、図書室カフェITOHさんの♪トリオロスファンダンゴスライブに行ってきました。
本場ヴェノスアイレスのタンゴ好きな人たちを熱狂的に踊らせたあるいは涙ぐませたトリオロスファンダンゴスさんです。
独りでに体が動くライブの二時間でした。ああ、楽しかった。


明日は2月8日。旧正月です。
グランパ句会はマスターとあわせて4人が現在最大限。一人欠けたら寂しいので、みなさん万障繰り合わせての参加です。
それでここに目をとめて下さる皆さんにも選句していただいています。
さあ、間違ってここを開いたあなた!
ざっと読んで下さい。声を出して読むともっと良い!
で、あ、この言葉好き、リズムが良い、意味分からないんだけど・・・それでOK
好きな俳句は何番?。
最大限5句です。
30句全部良いと思ってもあきらめてください。5句に絞ってください。
その中から一番好きなのに◎。
はい、これであなたも俳人の仲間入り。
いつか黒崎のショットバーグランパで会えますように!
百九十三回グランパ句会
                  二〇一六年二月八日(月)旧正月
 1 こどもらの瞳輝雪合戦             
 2 春陽気仕事終わりの発泡酒         
 3 立春えぬ小鳥番(つがい)かな       
 4 いっちょんすかん駅伝とめる大寒波       
 5 母逝きて淋しさ募る春なのに        
 6 椋鳥のがやがやがやと夕         
 7 仲人に年に一度の年賀状          
 8 一直線きみへと走る年賀状         
 9 カーテンを着せ替えさせて春近し       
10 冴返三日月蒼                 
11  寒菊愛想笑いで口荒れる          
12 春の風感謝感謝でにやけ顔           
13 居酒屋冬         
14 春寒一瞬一生泰男                
    泰男:香月泰男。画家。シベリア抑留。63歳没。香月泰男美術館長門市
15 降り止まぬ雪列車よりメール打つ      
16 父もいないですネルの足袋       
17 毛筆に似せて書いても機械書き       
18  冬空にオペレッタは似合        
19   つまづきてるひな         
20 ォーキング弾む心に春の風        
21 春風めし指        
22 「気ままに」をやっと覚えて春うらら   
23 寒雀追ってつまずく自尊心                  
24 初寝覚はころころっていた       
25   白銀るかな日   
26 見栄はってなんぼとのしわぶきや              
27 湯冷めかなかい
28 右膝違和感春淺       
29 冬茜ただまっすぐとくす                        
   三月句会十四日


 
Posted by やまもも | comments(4) trackbacks(0)

グランパ

百八十九回グランパ句会
  二〇一五年九月十九日(月)旧長月七日
 1 何もかも裏目に出てる月出てる          
 2 夕焼け指先から染み込んでいく
 3 行く秋や日々にしおりをさしはさむ  
 4 子育てや雲摘むように綿を摘む
 5 栗茹でて昭和の母とならんとす            
 6 青空にハナミズキの実赤くあり            
 7 贅沢に慣れてしまった茄子胡瓜            
 8 新涼にさらさらと触れ幸神(さいのかみ)       
 9 珈琲とビスケットのセット秋高し           
10 秋晴れにSLの汽笛よみがえる               
11 ふるさとは壊れるままに石蕗の花
12 秋桜が揺れているよ晴れ舞台
13 行く秋や日々にしおりをさしはさみ
14 べったら市ぬれて読めない新聞紙
   日本橋伝馬町で十月十九日、二十日に開かれる浅漬け大根市
15 秋日和バスに乗る人無口にて             
16 虫の音の優しい心大切に
17 指冷えてかぼちゃの馬車を待っている
18 月白く指差す先には土星かな
19 天職は波乗りだろう秋刀魚焼く
20 いのこずち縦糸伸びてしまいけり
21 空高くオヤジと二人秋大工
22 この坂を蟻一匹だけが登ってる
23 芒原天切り裂いて二日月
24 芋の露イクメンカジメンイクジジイ
25 秋夕焼とどまることなく消えてゆく
26 吹く風にひとの恋しき秋夜長             
27 新蕎麦や荒い下駄の音(ね)浅草寺
28 火祭りや外反母趾は治らない
  十月二十二日洛北鞍馬山の由岐神社の祭
Posted by やまもも | comments(2) trackbacks(0)

眉刷毛が咲く。

マユハケオモト

10月11日(日)毎年10月の第2日曜日は戸畑区文化祭俳句大会。
開会は1時だが,11時に席題を発表して二句投句していただく。
この日福岡県の現代俳句協会主催の小倉での吟行と重なっているので参加者減を予想。
事前投句で市長賞や区長賞教育委員会賞など七人
秀作賞十人
佳作賞十一人。
一人1賞で残念ながらの方が五人。
選者は辞退。
わたしもポンポンダリアラヂオ体操第一第二が入選していたが選者なので辞退。


30分の講演で本を三冊持っていく。
『よあけ』
『はるなつあきふゆ』
『木がずらり』
題は当日「絵本と俳句」
笛田千裕さんがリコーダーで助けて下さる。
♪さとの秋♪そしてちょっとトークもお願いする。
会場では一番若い女性だったなあ。

講演の題は「絵本と俳句」無理に結びつける。

絵本を選ぶことは子どもには知的な作業。
俳句を作るときには意識的にせよ無意識にせよ必ず言葉を選ぶ。

最後に「えぱみなんだす」を語る。
ちょうど30分。

熱いお風呂にゆっくり入ったら痛みが軽くなる。
講演のプレッシャーで足が痛くなったのかもしれない。



 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS