SION10周年


素敵なプログラム!
衣装に合わせての色合いがまた素敵。
衣装に負けない内容だった。
ピアノとサックスとマリンバ
そしてひびき少年少女合唱団とのコラボ。
第三部は展覧会の絵
迫真の演奏!
終わっての淑子さんの挨拶は胸にぐっときて涙ぐんだ。
よく頑張ったねぇ。偉いねえ。
そしてこれからだよって。

300名のお客様もいいお顔でお帰りだった。

カゲアナなので舞台を観客席から見られなかったが、舞台のドアを通じて気迫が伝わってくる。

カゲアナは舞台監督のS氏から間合いが良いと褒められてほっ。
マイクのスイッチ入れるときは緊張する。

合唱団は「菜の花ソング」を歌ってお客様のお見送り。良いなあ。♬

マリンバの雅子さんの今日はたんじょうび。
サプライズでたんじょうびのケーキが・・・・
おめでとう!
美味しかった!




 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

コントラバスと二胡


この赤い花は何?エリカに似ているけれど・・・?

ホテル三徳でティータイムコンサート
11時からと2時から
11時に行く。
早めについて一番前の席で聴くことが出来た幸運。

コントラバスが目の前。
弓のおはなし
二胡は使い捨てなのだそうだ。ただ、7,8年は使えるらしい。
コントラバスは張り替える。
内山和重さんが使っている弓は
1891年だったか1819年だったか、生まれの方が作った弓だとか・・・・

コントラバシストと言うんだろうか?
あまりそばでは聴かない楽器。
思い出した!
高倉健さんの妹の敏子さんの茶店十二支庵で女の方がコントラバス弾いたのを聞きに行ったことがある。

もちろんワタルさんのコントラバスはぐっと身近なのだが・・・・

コントラバスと、あの小さな二胡とピアノ。
音楽は素晴らしいなあ。
リベルタンゴもジェラシーも、バッハも滝廉太郎も蘇州夜曲も賽馬もみんな良かった。
写真の真ん中の黒い棒は音響機器。
これであんな小さな二胡がひびくのだ。
 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

らららセッション!


カタバミ。
谷本さんの教会でのらららセッション。
始めて参加する。
今日は太鼓。
初参加が私とH氏。全部で6人うち子どもはKさん。
Aさんが鳴らし始め、しばらくしてBが入っていく。
するとAは止めて、しばらくBのみ。するとCが入って・・・・の繰り返し。
どこで入るか、どこで止めるか、まったくそのばの成り行き次第。
他を聴いて合わせるというのが難しい。
合っているのかどうかが分からないからだ。

次はジャンケンで一番を決め、次の人を指名して前と同じ形で進める。
ソロはとっても気恥ずかしくて、すぐ次を指名し、ほっとする。

しかし、楽しい。

今度は3人を重ねる。これも素敵だった。
うねりが出てくる。頭でなく体が反応する。
皆で演奏。
これも響き合い、全部の音の一部が聞こえたりといろんな風に変わっていくのが嬉しかった。

すーっと終わって、なにかをやり遂げた安堵感がに細胞が喜んでいた。
でも、うわーっと盛り上がってばん!と終わるのも気持ちがいいかな?と言うと「やってみましょう!」
これは緊張した。リーダーの谷本さんの呼吸がポイント。
しかし1回では物足りなかった。もっと回を重ねたら何も言わなくても終われる気がする。

次回は1月24日2時から。

午前中は最寄り。
Tさんがお芋もらったからとスイートポテトを!
甘みもちょうどよく手作りのおいしさ。
お土産にいただいたので、Kくんに。


 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

長くて密な一日


ヾ響枴弦場
行橋からK姉妹。
北海道の白老でのキャンプ体験からアイヌの物語『小さいトムトム』
蚕を飼った体験から『八方にらみねこ』
言葉が豊かに出てくる。いい文が生まれる。

△べとあそぼう
ー子どもLIVEペインティングー
なんと芸術劇場の壁に描くのだ。
K姉妹は「描こう!」
WILLのkinoさんを誘って私たちは「観よう!」
ところが白い壁を見たら「描きたーい!」
すると黒田征太郎さんが「おとなも描きましょう!」と誘って下さったから・・・・・・
色音に続いて描けて楽しかった。
これに谷本さんの音があったら、もっとすてきに描けるのになあと思ってしまった。
黒田さんに「来年8月19日にします」とおはなしすると
「ぜひ参加したいです」と仰ったのだ。
わーい、そのときに黒田さんのスケジュールが詰まってませんように祈ろう。

隣で描いていた小学生の女の子の絵がすてきだった。
紺色で・・・・・

それに黒田さんが黄色を入れる。
おお、またすてき。

わたしは紫で描く。
それに黒田さんは緑の線で、3歳くらいの男の子のオレンジと繋がっていく。
いいなあ。

次は門司麦酒煉瓦館市民ギャラリー。
魚住さんの朝日の写真。
ここで白石さんに会ってびっくり。
カフェそらあるきで真奈美さんの音楽でペインティングをなさった方。
そのとき手帳にお魚を描いていただいたのだが、それは昨年だった。
で、今年の手帳にまねして描いたのをお目にかける。
これは戦前のサクラビールのサクラにちなんだ階段

雨がひどくなったが、花屋さんを見つける
最終目的は「ドルチェなゆうべ」
REDの笛田千裕さんの旧大阪商船1F カフェ マチエールでの
おしゃべりコンサート♪
7時〜8時半まで、リコーダーの演奏とおはなしを楽しむ。
リコーダーはイタリア語でドルチェ、スイーツもドルチェ
どちらも甘い・・・・・

彼女の演奏をこんなにたくさん聴くのは初めてだった。
いつも「もっと聴きたいなあ」と思っていた。
リコーダーはいいなあ。
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)


夕張メロン食べにいらっしゃいとのありがたいお誘い。
昨夕、久しぶりに買い物に行ったら真鯛!
で、お得意の?鯛の塩竃を作っていく。
吸い物やら煮浸しやら酢の物やらサラダやらあって、嬉しいな。

メロンは紅茶といただく。おなかいっぱいだったが、果物はすっと入るのが不思議。

11月の家事家計講習会の会場の予約を戸畑生涯学習センターで。
忘れ物があって、でも荷物になるので預かっていただく。
ところが今度はバスで忘れ物。
日傘!

それは忘れて、ゆったり過ごして付属小前から門司港方面の直通?バスに乗る。
門司港栄町の放浪記へ。
商店街の次の通りを探すがない!
商店街に入って、細い道に何気なく入ると・・・・あった。
そうか、路地裏と表題に付いていたなあと得心。

T美さんのお手伝い。
受付なのでまだ暇なのでリハーサルをしっかり聴く。

ゲンカイプロダクションさんがドリンク券34枚用意していた。
こんなに?とおもったら、なんと券が足りなくて・・・・・
遅れて来た人も合わせて(わたしも入れて)40名?
演奏者は6人、音響さん1人、スタッフ3〜6名
あの狭いところなので、いすを用意しても足りず、立ち見!
それにしても、舞台の一番前の特等席にプロダクションの人がカメラを据えて座っているのがちょっとね・・・
立ち見の人もいっぱいなのだから、ちょっと譲るとか(二人は座れるかな?)したらどうなのだろう。
外で、窓越しに見えていいわよと言う人も居たが、やっぱり直に聴く方がいいに決まっている。

東京からのスパニッシュギターはリハで聴いたから舞台は断念して帰る。
去年だったら聴いただろうな。夜遅くまでがもうだめ。
 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

ティエラ第15回♪


若い友人谷口淑子さん主催の小さな音楽会ティエラの15回目。
1回目は日記広場の子どもたちがハンドベル演奏をしたのだった。
1ステージは発表会
6歳から60代まで12名。
そのコメントを読むカゲアナ。
毎年しているけれど、軽い気持ちで出かけて、出演者のとてもすてきなコメントを読んで、これはたいへん!と緊張する。
思いを代読する難しさ。心に寄り添うように読みたいと願う。
毎回だけれど、まったく学習していな。
今回はテレジンの終わった後できつくて、前日は熱が出て出られませんと言えないかしらと本気で思った。
ひどい雨。歩くのがとっても辛かった。左の膝の裏が痛む。
でも、杖をついていた時期に比べると格段!

2ステージは純粋に観客として楽しむ。
いいなあ、SION♪
本当に楽しそうに演奏している、
それを見るのはとっても嬉しい。

打ち上げには参加せず子ども劇場へ。
すてきな姉妹のリコーダー演奏だったが、ずっと眠っていた。
もう歩けない!とおもったらK一家と会い、車で送っていただく。ありがたいなあ。
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

エンゲル

市民劇場井上ひさし作「あにおとうと」
真に国民の安全で健康な生活を願い、大正デモクラシーの中心人物吉野作造さんと
10歳違いの弟で大臣にもなった吉野信次さん兄弟の物語。

時に歌って踊っての舞台に笑い声が多かった。
でも、憲法と法律との違いがわかりやすく説明されているし、泥棒や人買いも登場し、きれい事ではないのが井上ひさしさんだな。

雨風がひどい。
久しぶり銀の時計へ。
長崎のテレジン展で野村先生が5月31日ギャラリートークをしてくださる運びになった。
だから31日は長崎に行く。
31日は銀の時計でおとなの絵本の会。
迷ったが、30日に変更した方が良いでしょうとオーナーと決定。
みなさんにお伝えしなくては・・・・

7時〜エンゲルへ
谷本仰さんのソロダイアログ。
入ってびっくり。どくんごの皆さんが勢揃い!
でもメークがないので女性はわかるが男性が、どなたがどなただったか・・・・・
大好きな局が聞けたし、即興で弾いてあとで題名つけるのが楽しかった。
最後の局ではぽぽさんが踊り出す。しばらく迷ったが私も踊る。
踊るといっても、立ち上がって体を揺らすだけなのだが、座って聞くよりずっといい。
10時過ぎでバスは幸町しか止まらない。そこからタクシーと思ったが、歩いた。
雨もやむ。
日記広場たよりも600号書いたのに裏面とカットが出来ず、未完成。
今夜も市民劇場終わってすぐ帰って作業にかかれば・・・・
でもやっぱり聞きたかった。

 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

タンゴの節句楽日

楽しかった、楽しかった。

トリオロスファンダンゴスのタンゴの節句。十三回目。

26日北九州芸術劇場だったが、広島なので行けない。

で、楽日の今日のチケットにする。

昨夜から新しいパソコンが開くと「ロックされています」

いろいろやってみるがだめ。

また次女夫婦が来てくれることになったが、私は博多へ。

出るのに手間取って間に合わないと思った高速バスが中央町で「どうぞ」とばかり 到着。(帰りもバスセンターに行ったら改札中ですぐに乗れた)幸運!

で、1時開場だが、十二時頃にはアクロス福岡円形ホールへ。

六番目くらいに並ぶ。

大ホールは続々人が並んでいて、はっと気づく。Sさんが行くと言っていた二胡の演奏会。

席を取ってトイレに行くと、なんと前の人がSさん、びっくり。

開演前、ケンジさんや上手なダンサーが円形の舞台で踊る。

あんな風に踊れたら気持ちいいだろうなとみていたら、一曲終わってケンジさんが手をさしのべて・・・・えっ、ダンスシューズじゃないし・・・・と思ったがすっと体が前に出て舞台へ。ケンジさんが「かわりばんこに脚を出せば良いですよ」とささやいてくださって気が楽になる。たしか10年ほど前だろうか、タンゴの節句の合間にタンゴレッスンをケイトミュージックでケンジ&リリアナさんから受けたのだった。それっきりで、そのときのこと思い出そうとしても、まっしろでただ、足を交互に動かすのみ。後半はもう目をつぶってケンジさんのリードに任せて・・・・・

隣の席の方は今回タンゴの節句は初めてだそうで「ずっとタンゴされてるんですか?」と訊かれたのは、ちょっと恥ずかしい限り。

一部もよかったが、二部はその三倍もおもしろかった。

二部の前も「ミロンガ」谷本さんもいわつさんもケイトさんも踊ってる。

これは谷本さんといわつさん


り舞台をしますというので、一番前だからと荷物をよけたのだが、実は二人の演奏者が背中を合わせて回る・・・・・アレー、以前もやったよねと思うもののまんまとだまされておもしろかった。

ケンジさんの歌もよかった。谷本さんのMCはいつものように楽しいが、ケンジさんもおもしろかった。

ブエノスアイレスまでついて行って写真を撮った中島さんの写真集を買う。

帰りのバスで眺めると、ほほが緩んで仕方なかった。どの表情も輝いているし「生きている」!こういうの見られる幸せがありがたかった。

帰るとパソコンは治っていた。ありがたいこと。

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

合唱組曲♪

ベランダの菜の花と櫻

 『ぞうれっしゃがやってきた』岩崎書店刊

それを元にして合唱曲♪ぞうれっしゃがやってきた♪がうまれ、各地で公演

去年の夏、小倉南区での「第3回朗読と音楽の平和コンサート」の第二部で「ぞうれっしゃがやってきた」を上演。
その合唱に参加したNさんが「戸畑でもやろう」と提案。
来年夏のコンサートに向けて実行委員会を開いている。
で、参加する人を募る文章を書く。

今日は600号を書こうと予定していたのだが、これが先立ったと・・・・
で、これで一日が終わる!

「いのちと平和のコンサート(仮)」をいっしょに作りませんか?

                                                        2014年4月

『ぞうれっしゃがやってきた』という絵本をご存じですか。岩崎書店刊小出隆司作・ 箕田源二郎 です。それをもとにして合唱組曲「ぞうれっしゃがやってきた」(藤村記一郎作曲)がつくられました。

 20118月【朗読と音楽の平和コンサート】が小倉南区で開かれました。もしかしたら、広島の次の原爆は長崎でなく小倉に落とされていたかもしれないこと、

北九州市が「非核平和都市宣言」を行ったことをふまえての地域の人々の力で作られた平和コンサートです。絵本の朗読、手話ダンス、地域の子どもやおとなの歌を通して平和の大切さを伝える願いがこめられています。(この夏も4回目が8月10日に、80代までの全世代が一堂に集まって開かれるそうです。)

 3回目の2013年には「ぞうれっしゃがやってきた」が幼稚園や学童保育の子どもたちも加わり上演され、たくさんの人たちが感動しました。おとなとして合唱に加わった一人が「戸畑でも開きたい」と願い、来年の8月23日(日)のウエル戸畑での開催を願って行動し始めました。

 そこで、みなさん、お願いです。いっしょに♪ぞうれっしゃがやってきた♪を歌いませんか?絵本を読みませんか?舞台の背景を描きませんか?小道具大道具を作りませんか?チラシを描いてみませんか?すてきな戸畑を作りませんか?

 一人一人の力は小さくても、みんなの力をあわせたら、きっときっと上手くいきます!

 毎月第3日曜日の5時〜6時半、戸畑生涯学習センターで実行委員会を開いています。8月17日(日)は「あすへとつなぐミニコンサート」を市民ギャラリーで開く予定です。楽器の演奏や絵本の朗読などでのご参加も募っています。

 問い合わせは  西健一郎 電話

         青木信恭 電話

         政時かずよ電話

         長谷川緑 電話

         鍬塚聰子 電話

へどうぞ。皆さんの笑顔を待っています。

             「いのちと平和コンサート(仮)」実行委員会

                                         

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

オペラ

 世界初!のグリーンオペラ「なの花のおはなし」初演。
一番乗りは行橋からKちゃん

5分前にカゲアナ
3つのお願い

Co2大魔王の冠

お鍋なのだ。
詳しくはこれ
お母さん役の白川さん
10さいのまれちゃん役の野見山御園さん 可愛かったなあ
指揮はこの方 木村厚太郎さん
子どもたちの感想

受付にはベランダに咲いた菜の花を置く。
打ち上げ会場でも

舞台裏でなく、今度は会場で見たいなあ。
合唱隊の少年少女が健気だった。

裏方さんの力も凄い。
♪みんなのちからをあわせたらきっときっとうまくいく♪
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS