若松図書館九州ヤマネコ応援団おはなし会

昨日に引き続いてお話し♡どんのメンバーの三人は若松図書館へ。

若松在のKくん。戸畑在の千裕さんと私。

(他の方たちは彼岸の入りで・・・・・)

そして九州ヤマネコ応援団のメンバーのYukari Fujitaさんと

幻燈『ヤマネコ毛布』制作者の江藤直子さん

 

昨日の上天気とは打って変わって、みな傘を持って集合。

帰りは傘を差しました。

お客様もひとり・・・ふたり・・・

子どもはお母さんやお父さんに抱っこされて4人かな?

黄色い服の男の子は幻燈で暗くすると「こわーい」と外へ。

それで戸は開け放したまま幻燈を。

でも作品そのものがしっかりしているので、明るくても大丈夫。

リコーダーの調べとともに巻かれ拡げられる『ヤマネコ毛布』

4月から版画原画展会場のシマネコブックストアの

Mayomi ShindoさんのFB

動画もあります。

 

春にしか読めない『ウグイスホケキョ』

ウグイス笛・鳥笛などあれこれ吹いてみる。

リコーダーでのホーホケキョはかなり難しいとのこと。

 

20才の江くんは『きたかぜとたいよう』

ヤマネコに出てくる太陽と、イソップ物語に出てくる太陽の比較論

最後は朱実さんの友人のYukari Fujitaさんの

『砂漠の町とサフラン酒』

即興で千裕さんがリコーダーを添える。

子どもはちょっと退屈だったのか一人は寝てしまう。

ひとりはお父さんにだかれて我慢?して聞いてくれた。

ちょっと長いし怨みの文学だから、怖い。

でもYukariさんのしっかりした声が通り、目を瞑って聞くと情景が浮かんでくる。

 

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

さよなら原発3・11集会&亀山のの子写真展

11日はいつも戸畑駅で脱原発署名運動ですが、勝山公園の

さよなら原発3・11北九州集会に合流です。

1部で谷瀬さんのリーディング=フラグメンツ・オブ・ピースの

『それゆけ安全マン』

出演:山口恭子/渡辺ハンキン浩二/中川裕可里/谷瀬未紀 
 

があるのです。

プログラムの自遊本舗(バンド演奏)が始まる前に会場に着きました。

で、舞台を見ると・・・

われらの谷やンではありませんか。

 

7日の♪おんなじいのちコンサート♪に続いて今日も聴けるなんて幸運!

ギターはとしちゃん。由香さんも・・・

茶色の帽子はワタルさん。

おさなごはとしちゃんのお孫さん

 

それでかまやつひろしさんの♪やつらの足音のバラード♪

♪世界はステキ♪

♪星空のタオ♪

由香さんの♪童神♪

♪Stand By Me♪

自遊本舗の演奏は五年ぶりとか・・・

青空の戸外で聴くのって素晴らしい。

立って聴いていたが、身体が独りでに動く。

口ずさむ。

一緒に歌うって楽しい。

 

それが終わってリーディング。

記録映像
https://www.youtube.com/watch?v=4qVs4OSfqUg

声を聴いてもらうことは必要。

テレビなどの映像で伝わるけれど、肉声の響はやはり強い。

 

終わりを待たず勝山橋へ。13時の170番のバスに乗る約束。

門司港の旧門司税関へ。

 

亀山ののこさんの写真展

憲法9条の写真集を買う。

主催はシマネコブックストアさん。

Mayomiさんが13日まで見守り。

頑張るなあ。

どの写真にもその人の愛が感じられて見に行って良かったです。

この写真が好きでした。

旧門司税関は初めて入ったのです。

私は何も知らないなあと思う。

煉瓦の壁がチェコやポーランドを思い出させる。

テレジン展をここでやれたらいいなあ。

 

住まいの近くの寒緋櫻。


 


 
 

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

戸畑図書館蚤の市

間(あわい)の会の主催「戸畑図書館蚤の市」でのおはなし♡どん出演。

これで2回目。

お天気で良かった。

芝生広場の舞台。

人形劇「さんまいのおふだ」を挟んで

リコーダーのおねえさん笛田千裕さんの演奏

『ウグイスホケキョ』は千裕さんと聰子。

人形劇の後は『360°絵本 富士山』

そして目留変亭えくぼさんの

楽しい鼻笛♪

始める前に魔女さんの「今から人形劇しますよ」の呼び込みが良かったのかあ?

全員ならんで花束いただく。

去年は出演のKさんのご主人が奥さんの代わりに見に来て下さって花束を!

ああ、嬉しい。

 

図書館内のセミナールームでは「ヤマネコくんと遊ぼう」コーナー

熊本地震の募金箱も置きました。

 

 

 

 

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

関雅子シャンソンリサイタル

博多の天神でのリサイタルに行ってきました。

友人Kさんのシャンソンの先生です。

2年に一度で、八〇才近いか越えてらっしゃるか定かには存じませんが、

お元気、お若い、艶やか。

こういう風に歳を取りたいなあと思いました。

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

江戸糸あやつり人形一糸座

一番前で見たらもっとステキだったでしょうね。

あいにく後ろの席で・・・・

 

江戸糸あやつり人形結城座の九代目孫三郎さんが、今日見た「田能久」を歌舞伎風に人形あやつり師が台詞を喋る形を考案したので、日本のあやつり人形としては唯一残ったそうです。
チェコはあやつり人形で有名ですが、一糸座はチェコでも共演しています。
チェコの人形遣いと日本と共通するのもあったと、1月の『親子で楽しむWS」で話されていました。
一糸座を知ったのは飯野和好さんの『赤ずきんちゃん』の人形劇を「おはなしやさんこんぺいとう」さんが小倉の芸術劇場で公開して以来です。
そのときのチケットはETOUさんの手作りでバスケットを持った赤ずきんちゃん。チケットは半券をもぎりますが、そのバスケットが半券という凝りようです。
半券やりたくないというお客様もいましたね。
『星の王子様』も見ました。
若松の藤ノ木小学校でのWSも含めた公演も見に行けたし・・・・
今回も開演以後の受付は座長のお嬢さんにお任せして、会場で楽しむことが出来ました。
「田能久」で峠に出る化け物は蛇と小1Nさん!当たり!
乙女文楽は二才のJくんは踊りに退屈して出ましたが、「田能久」は最後まで鑑賞。
平日の七時からの公演でしたがおとな100人子ども20人くらいが楽しみました。
戸畑のKさんも来て下さって「さとこさん送りましょう」の有難いお言葉。
後片付けをJくんMさんの手も借りてちょこっとして「お先にごめんなさい」と帰りました。
戸畑行きのバスが少なくて不安だったのでこれぞ渡りに船でした。
午前中は小学校卒業証書授与式。99回
よく図書室に来て絵本をいい声で読んでくれていたKくんは羽織袴。
終わって一緒に撮ったのだが、メモリー不足で残っていない!
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS