<< さよなら原発3・11集会&亀山のの子写真展 | home | 3時からの日記広場 >>

若松図書館九州ヤマネコ応援団おはなし会

昨日に引き続いてお話し♡どんのメンバーの三人は若松図書館へ。

若松在のKくん。戸畑在の千裕さんと私。

(他の方たちは彼岸の入りで・・・・・)

そして九州ヤマネコ応援団のメンバーのYukari Fujitaさんと

幻燈『ヤマネコ毛布』制作者の江藤直子さん

 

昨日の上天気とは打って変わって、みな傘を持って集合。

帰りは傘を差しました。

お客様もひとり・・・ふたり・・・

子どもはお母さんやお父さんに抱っこされて4人かな?

黄色い服の男の子は幻燈で暗くすると「こわーい」と外へ。

それで戸は開け放したまま幻燈を。

でも作品そのものがしっかりしているので、明るくても大丈夫。

リコーダーの調べとともに巻かれ拡げられる『ヤマネコ毛布』

4月から版画原画展会場のシマネコブックストアの

Mayomi ShindoさんのFB

動画もあります。

 

春にしか読めない『ウグイスホケキョ』

ウグイス笛・鳥笛などあれこれ吹いてみる。

リコーダーでのホーホケキョはかなり難しいとのこと。

 

20才の江くんは『きたかぜとたいよう』

ヤマネコに出てくる太陽と、イソップ物語に出てくる太陽の比較論

最後は朱実さんの友人のYukari Fujitaさんの

『砂漠の町とサフラン酒』

即興で千裕さんがリコーダーを添える。

子どもはちょっと退屈だったのか一人は寝てしまう。

ひとりはお父さんにだかれて我慢?して聞いてくれた。

ちょっと長いし怨みの文学だから、怖い。

でもYukariさんのしっかりした声が通り、目を瞑って聞くと情景が浮かんでくる。

 

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
comments









trackbacks
URL:http://momo.satokono.littlestar.jp/trackback/998754
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS