<< 羊毛でフエルト作り広場 | home | 関雅子シャンソンリサイタル >>

江戸糸あやつり人形一糸座

一番前で見たらもっとステキだったでしょうね。

あいにく後ろの席で・・・・

 

江戸糸あやつり人形結城座の九代目孫三郎さんが、今日見た「田能久」を歌舞伎風に人形あやつり師が台詞を喋る形を考案したので、日本のあやつり人形としては唯一残ったそうです。
チェコはあやつり人形で有名ですが、一糸座はチェコでも共演しています。
チェコの人形遣いと日本と共通するのもあったと、1月の『親子で楽しむWS」で話されていました。
一糸座を知ったのは飯野和好さんの『赤ずきんちゃん』の人形劇を「おはなしやさんこんぺいとう」さんが小倉の芸術劇場で公開して以来です。
そのときのチケットはETOUさんの手作りでバスケットを持った赤ずきんちゃん。チケットは半券をもぎりますが、そのバスケットが半券という凝りようです。
半券やりたくないというお客様もいましたね。
『星の王子様』も見ました。
若松の藤ノ木小学校でのWSも含めた公演も見に行けたし・・・・
今回も開演以後の受付は座長のお嬢さんにお任せして、会場で楽しむことが出来ました。
「田能久」で峠に出る化け物は蛇と小1Nさん!当たり!
乙女文楽は二才のJくんは踊りに退屈して出ましたが、「田能久」は最後まで鑑賞。
平日の七時からの公演でしたがおとな100人子ども20人くらいが楽しみました。
戸畑のKさんも来て下さって「さとこさん送りましょう」の有難いお言葉。
後片付けをJくんMさんの手も借りてちょこっとして「お先にごめんなさい」と帰りました。
戸畑行きのバスが少なくて不安だったのでこれぞ渡りに船でした。
午前中は小学校卒業証書授与式。99回
よく図書室に来て絵本をいい声で読んでくれていたKくんは羽織袴。
終わって一緒に撮ったのだが、メモリー不足で残っていない!
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
comments









trackbacks
URL:http://momo.satokono.littlestar.jp/trackback/998751
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS