<< 宮園智子さん・詩の世界 | home | 黒川温泉とうきは市 >>

楪の会&おとなの絵本会

青空が美しい日でした。

でも、朝の目覚めはなんと「はなみず」

喉が痛い!でもOさんが朝の読書の後お迎えに来て下さって戸畑図書館へ。

楪の2学期の集いです。

昨日の「詩の世界」のミニ版をしましたが、土曜日に村中李衣さんから伺った大事な話をしました。

戸畑の小学校で子どもたちに絵本を読まれている皆さんたちに、自信を持って楽しく読んでいただきたいとの思いが強かったからです。

読み手が絵本を読むのは楽しいと思っていることが一番です。

聞き手はそれに反応します。

マニュアルなどありません。

そのときの読み手と聞き手の繋がりから、いろんなものが生まれてきます。

それがあるから子どもに絵本を読むのは楽しいのです。

今日のテーマは「音」でした。

楪を立ち上げたOさん現在事務局のYさんとカフェアタ-ブルへ。

幸運にも焼きたてのキッシュ!茄子のポタージュも美味しかった。

紅茶はいわば正露丸の匂いのような松の根の紅茶。

そして又幸運にも小倉に帰るOさんに銀の時計へ!

余分の荷物はYさんがわが家へ届けて下さいました。本当にいい方ばかりで有難いです。

 

銀の時計は11人参加。

みなさんがいらっしゃるまでと、正方形の紙で作るランタンの折り紙を始める。

2時ちょっと過ぎたが先ず

『迦夜と迦羅の物語 少年とふたりの飛天』宇佐見陽一文・としくらえみ絵

則子さんが「3日の練習しているんでしょ。声が伸びていたよ」と仰ったのが嬉しかった。

ようやく昨夜声を出して練習したからだった。

陽子さんの角野栄子さん文・スズキコージさん絵の『なぞなぞあそび2』は面白かった。

答え「スキップ」なんてとても難しい。

雄子さんは佐藤忠良さんの『木』だいすき!

子どもに読む以外に絵本を読むのは初めてと令子さん(2回目の参加)は『茂吉の猫』松谷みよ子さん

長いからと急がれたようで「ゆっくり読んでいいですよ」と申し上げればよかった。

貴重な男性正義さんは「ひまわりパーク六本松」のカレンダーの紹介。

毎月の絵が素晴らしい。

則子さんは幻冬舎の『人生最後のご馳走』

悦子さんは『生きて死ぬ知恵』

涼子さんは17年ぶりの復職の大ニュース!

その中をおとなの絵本会に来て下さることに感謝。

そして抱腹絶倒の絵本『もうもっちゃう・・・・・』

笑って風邪が退散したみたい。鼻水用にティッシュたくさん持ったのに使っていない!

江國香織さんの『桃子』は飯野和好さんの絵がぴったりの内容。

美恵子さん紹介。

彼女は自宅でずっと「子どもの本を読む会」を開かれている。

こちらのブログでどうぞ。

豊子さんは素話「ながいなのむすこ」

寿限無より長い名前ではないだろうか?

いつもながらの素敵な声!

最後は明子さん

出雲に行かれたときに求められたしかけ絵本「しあわせならてをたたこう♪」

みんなで動作しながら歌ってお開きです。みんなで歌うと楽しいです。

今日はまた幸運にも正義さんのぶどう園の葡萄をいただきました。

冷凍してお正月に食べるのが出来ました。

最後のもう一つ幸運!

明子さんの息子さんがお迎えに来て下さって,反対方向ですが送って下さいました。

本当に本当にみなさんありがとうございます。

銀の時計さんありがとうございます。

 

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
comments









trackbacks
URL:http://momo.satokono.littlestar.jp/trackback/998703
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS