<< 家事家計講習会終了 | home | 11月星の銀貨羊のクラス >>

JPICK絵本講座in天神クリスタルビル

11月26日(土)

村中李衣さんの「感じあう・伝えあう・絵本の読みあい」

生命保険協会の協賛で、午後の紙芝居講座、実践講座含めて1000円の参加料は有難かった。

李衣さんの1時間半あっというま。

A1分間の冒険

‘鷽涌豼箸1分間経ったと思ったらお互いに目で知らせあって座る。

▲献礇鵐吋鵑靴鴇,辰真佑相手に1分間文句を言い続け,空いてはひたすらそれを聞き1分経ったと思ったら座る。

時計を外した自分の時間  子どもの中に流れる時間に寄り添う  

0貎佑話麓茲蠅鰐椶鬚弔爐襦0貎佑倭蠎蠅量樵阿鬚い蹐鵑癖向に発し、一回だけストレートを相手の胸に呼びかける。

それが分かったら手を上げる。

声が届く喜び  指示・命令の声とは異なる声の用い方  

 

B 全員ではないけれど絵本『さわらせて』を二人一組で声にだすワーク

  その絵本に似合う読み方がある

お人形が導入にもなる。

いただいたレジメには

『がちゃがちゃどんどん』どんな音楽が聞こえてくるの?

ともあったが、そこまで行かないうちに時間が終わってサイン会。

30名までと主催者は言われたが,李衣さんは「全部しますよ」とにっこり。

『絵本の読みあいから見えてくるもの』には風のように

『マレットファンゆめのたねまき』には夢のたねをまく

とサインをいただく。

正式名称は

JPIC読みきかせサポーター実践講座なのだが、読みきかせという言葉が嫌いだから

1回受けて後のお誘いは断っていたが、李衣さんだし、紙芝居講座だしと申し込む。

正解だった。

絵本講座は2時間分を1時間でねとエルマーの前園敦子さん。

紙芝居と絵本と人間への愛に溢れた方。

絵本と紙芝居の違い!

もっともっとお話し聞きたかった。

実は

今度の土曜日、19時から春日の絵本専門店エルマーさんでイスラエル出身のダニーさんのお話会をすることになりました。
先日のアーサーさんのお話を聞いていて、アーサーさんに共感される方々とシェアしたいと思って急遽開催することにしたので、もしご都合つかれるようでしたらぜひご参加ください✨

とテレジン展をご一緒した夏野さんからご案内いただいたのですが、

翌日はシュタイナーの羊のクラスだし

月曜日は絵本講座だし・・・

お断りしたのだった。

雨も降り出し、たくさんの資料で重たい荷物抱えては春日へは無理になるので断念して正解だった(と負け惜しみ)

 

10年以上も前、梅光女学院大学の李衣さんの授業の聴講を誘って下さったTさん(現在オランダ在)

に送るからといっしょに。

 

 

 

 

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
comments









trackbacks
URL:http://momo.satokono.littlestar.jp/trackback/998700
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS