<< 201回グランパ句会 | home | 朝読と日記広場 >>

育友唐津一泊旅行

10月11日12日

40数年前一枝の社宅住まいの時の友人たちと唐津へ行きました。

当時家の近くの公園で長男を遊ばせていたのですが、同い年くらいの子どもたちが集まって・・・

その頃は幼稚園は4歳か5歳からだったのです。

毎日公園で顔を合わせ子どもたちも仲良しになって・・・・

母親は6人くらい,子どもは9人くらいだったかな。

それで提案しました。

月〜土の6日間のうち、母親一人が2時間の自由時間を持つ。

残りの母親は託児。

一人で買い物でもいいし、家でゆっくり過ごすのもいいし、とにかく自由な時間を持つ。

 

何年か過ぎ、それぞれ離れていきました。

一枝会を開いていたようですが、私は今回初参加。

Wさんが肥前に住んでらっしゃるとは聴いていたのですが、唐津シーサイドホテルに泊まってとの彼女の発案でした。

戸畑大谷のOさんとは、駅ですれ違ったりとかあっていましたが、今回の参加のWさんTさんとは四〇年ぶり!

台所から洗い物しながらこの景色が見えるW邸。

9時に0さん夫婦の車で出発。

自由が丘のTさん夫婦と現地集合。

Wさんの栗おこわと野菜たっぷりの豚汁と自家製の枝豆、お手製の栗に渋皮煮のおもてなし。

1000坪の敷地の手入れは大変そうだが、家族の石というのを作られていその暮らしぶりに感嘆!

納豆とヨーグルトと砂糖とドライイーストでつくる万能液マイエンザを教えて貰う。

私たちのためにペットボトル入りを用意して下さっていた。

帰ってからもも太郎のおしっこ跡にかけると匂いが消える。

プールの消毒にいいらしく,来夏は地域の小学校で使うそうだ。

発酵の力!油を分解する。排水がきれいになる。

 

唐津は、娘たちとずいぶん昔に虹ノ松原を見て有名なお寿司屋さんで昼食。

そのご嬉野温泉へ行ったのが最初で、今回は2回目。

 

ホテルでは部屋の外に広がる海に満足。

お風呂にも行かず,昔話・・・・・

夕食は5時半から。

烏賊の活き作り!

前菜のセロリのからすみかけが美味しかった。(さざえの右上の)

 

朝食は、朝唐津茶漬け。

刺身を醤油につけたのをご飯に載せて熱いだし汁をかける。

朝からたくさんいただきました。

昨夜お風呂で体重計に悲鳴!

で朝のお風呂場では一キロ減って・・・・

 

前日のグランパ句会でNさんが豊前の蔵内邸へ行かれたと話しを聞いて

唐津に行くというと「高取邸がいいよ」と奨められた。

能舞台のあるお屋敷。

杉戸絵

柱のいろいろ。

廊下の杉の一枚板などなど・・・・

北九州市も廬山荘(橋本多佳子さん)を保存していたら良かったのに。

 

先に

呼子のあさいちへ。

海胆!

一個400円でその場でいただく。

ホテルのアンケートに「海胆がなかった」と文句書いたばっかりだったし、

以前夢で海胆一盛り1000円!「二盛り下さい」で目が覚めたし・・・・

 

T夫人は「みんなで買うから負けて!」と買い物上手。

烏賊五枚が六枚になって1000円。

蜜柑も葱もヒジキもその調子でお買い得!

 

ああ、楽しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
comments









trackbacks
URL:http://momo.satokono.littlestar.jp/trackback/998685
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS