<< 昼休みのおはなし会と革新懇勉強会 | home | 2016年度九州部 部会in門司港ホテル >>

200回です、グランパ句会。

二〇〇回グランパ句会
   二〇一六年九月十二日 旧葉月十二日鶺鴒鳴(せきれいなく)
 1 御魂(みたま)返し父は三味線母は舞う          
 2 凛と咲(え)む菊の節句に生(あ)れし娘(こ)二十歳
 3 秋の空ラブと書いては微笑んで
 4 白露かな鉛筆噛む癖止めようよ
 5 一人居の髪整えて藤袴
 6 花の葛まとわるままに古き傷
 7 夕立のあとに香りし土ゆたか
 8 盆トンボ連れだって飛ぶ寺参り
 9 不器用に初秋の道歩みゆく                              
10 溽暑かな痒いっちゃギブスの内側
11 浄土より待ち人来たり蓮(はす)の飯
12 養生す昼に夜にと胡座(あぐら)かく
13 懐かしい友と酒飲む秋の空
14 女郎花やくたいもなきお呪(まじな)い
15 砂利の道数珠玉抱え急ぎ足       
16 旅人は一人になりて月を追う                 
17 ウォーキング秋風の中溶け込んで    
18 朝んなりゃ涼しか風の吹きよるばい
19 ブルーベリー呟きこぼしジャムとなる        
20 美しく秋の気配が染めて行く        
21 蝉纏う四分の休符もなき木陰
22 稲刈りやきれいスッキリ丸坊主      
23 緑濃き稲田波打つ初嵐             
24 ややこ寝(い)ぬ石榴(ざくろ)は熟れぬ小昼時
25 通草(あけび)の実やがて重たき独り言                  
26 爽やかに朽ちる砕ける土になる              
27 一晩で鈴虫の音に変わりけり
28 驟雨(しゆうう)来て埃の匂いも嬉しかり
29 麦わら帽壁にかかりて新学期                           

グランパ句会第一回は二〇〇〇年二月一四日(月)

羽犬塚結・久保英則・さとこの三名で始まりました。

乱葉さんは二回、ごんちゃん七回、賢二さんは十四回、夏日さんは一八回、藍さんは一九回、ぽぽさんは八四回が初回です。

ひとみさんは百二十一回、マイマイ句会は132回からです。今日初参加の方もいます。
緩やかに静かに続いていくでしょう。グランパが続く限り。

Posted by やまもも | comments(2) trackbacks(0)
comments
雨の火曜日です。

日々のなか 200回 心に問いかけて…
言葉を編んで… 
楽しませていただいています、
ありがとうございます。

8◎ 7,9,19,29 を
お願いします!

ななもも | 2016/09/13 19:55
ななももさん
何時も選句ありがとうございます。
ななさんも毎月若木集への投句が嬉しいです。ななももさんも俳句作ってみませんか?
やまもも。 | 2016/09/15 10:55









trackbacks
URL:http://momo.satokono.littlestar.jp/trackback/998676
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS