<< ♪色音であそぼうNo9♪ | home | 色音の続きの日記広場 >>

黒田征太郎絵話(かいわ)教室in天聽

11年前から「行きませんか?」とEさんに誘われていた山鹿の蟷螂祭りにあわせて開かれていた仮面行列。

昨年10年を迎え閉幕。

でも今年は黒田征太郎さんの絵話教室がある。

そし石牟礼道子さんの『みずはみどろの宮』挿絵山福朱実さんの版画原画展の最終日。

山鹿は八千代座の近く旧酒造「天聽」のメトロカフェへ。

風吹きカラスさんがずっと活動を続けられている。

1936年のピアノを弾く子どもたちと黒田征太郎さん。

 

テーマは「家の旗を作りましょう」

帆布にアクリル絵の具で描く。

絵話教室!

黒田さんの優しいけれどずばっと本質を突いたお話し。

戦争というのはものを大切しないことです。

命を大切にしなかったでしょ。

戦後50年に作ったアニメの上映。

『小さい潜水艦に恋したクジラの話』

野坂昭如さんの『戦争童話集』

〜忘れてはいけない物語〜

12編あるそうだ。

ヤマネコ展の九州巡回をお話しすると羨ましそうに

「このアニメもそうやって見て貰いたいのです」

なんとか出来ないかな?

メトロカフェの美味しいカレー(800円)

黒田さんがスプーンを取って下さって感激!

さあ、描きましょう。

こんなにたくさんの絵の具!仮面行列で潤沢に・・・

「こどもゆめ基金」で買われたそうです。

毎年絵の具の購入に苦労しているので羨ましいこと。

それでまあ、思いっきり描きました。

でもここに谷本さんの音があったらいいなあと何度思ったことか。

はじめに「さとこの日記広場」と書いてしまったもので景が浮かばず苦労しました。

アクリル絵の具だから上から塗ると下が消えます、

それで白や銀を塗って遊びました。

太陽なのか花なのか花火なのか・・・・・

廻ってこられた黒田さんに鳥をお願いしました。

蒼い鳥です。

それで「さとこのにっきひろば」は蒼にしました。

正座出来ないので膝をついていたら痛くて痛くて・・・・

 

岩国の陶芸家Iさんの灯台には二羽の白い鳥

この絵を描いたら、毎年出して見ましょう。毎年毎年・・・

そしてお嫁に行くとき持たせましょう。

黒田さんのお話はすてきだった。

僕は奇跡の子です。

60億分の一の奇跡で生まれたのですから。

あなたたちもそうです。

 

スタッフのEさんが「アニメを見てからなのでクジラとか戦争とかそんなのを描くかと思ったら、みんな自由に描いていましたね」それは黒田さんの言葉をみなさんがしっかり聴いていたからだと感じます。

終わって吊り下げてみんなでシェア!

これは黒田さんが「僕が一番楽だったよ、机の上だったから。みんなは地面だったから大変だったでしょ」

「で、きれいに描きすぎた」と。

チラシの原画です。

こんなTシャツも作って風吹きカラスさん すごいなあ。

籠祭りも見ることが出来ました。

これも山鹿灯籠です

 

 

 

 

 

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
comments









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS