<< 子ども二人あとから一人の日記広場 | home | 2時半からの日記広場 >>

百九十九回グランパ句会

百九十九回グランパ句会

    二〇一六年八月八日(月)

    旧文月六日 涼風至(すずかぜいたる)

 

 1 ぎいぎいと食器洗って擬宝珠     

 2 白波を分けて小島へ夏帽子           

 3 祭り果て闇の天窓星一つ       

 4 不機嫌な砂糖壺にて大西日      

 5 暑中見舞い申し上げます寅帰る      

 6 苦瓜の種戦争を知っている      

 7 草刈り機携えかへる夏の家           

 8 ドラッグで整えきれぬ残暑かな       

  9  先々でみこしの精か赤とんぼ     

10 祇園さん待ってる間の下駄飛ばし    

11 祭りだね浮き立ち母は酒すすめ     

12 夏帽子預けて手折る崖の花          

13 祭り夜や香満ちてゆき赤子生(は)し    

14 風鈴や小さき頃の空青き        

15 クイックでアクセスできぬ大花火      

16 ががんぼの脆き手足よ秘仏堂         

17 故郷は夏草だけが待っていた         

18 馬追の祭りは遠き故郷よ        

19 バーベキュー花火大会良い気持ち     

20 夏富士や抱きとめられて妻となる   

21 ピクルスの後味ピリリ夏果てる       

22 ステテコや八十三の武勇伝      

23 ざぁーと来て日陰の涼風夏も良し   

24 夕暮れを真半分に麻の花           

25 原爆や七十一年汗ぬぐい      

26 夕暮れを真半分に麻の花           

27 蓮の花朝日に透けて子の宿る    

28 父の夏帽子と供に草を刈る         

29 雲の峰ソフトクリーム買いに行こ   

30  仕事終えビールビールと笑顔なり   

31 明易しからころ下駄の近づきぬ        

32 バス停の三本の百合今年また     

33

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
comments









trackbacks
URL:http://momo.satokono.littlestar.jp/trackback/998666
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS