<< 今日も雨の日記広場 | home | SIONとSEALDs 2015 >>

66回おとなの絵本会in銀の時計

6月30日に66回めのおとなの絵本会があって嬉しかったです。

お菓子は山桃寒を作ろうかと思ったのですが、昨日広場で作ったので残り少なくて・・・

それで、「水無月祓」というお菓子を作りました。

蒸し菓子です。

邪気払いの小豆をのせるのですが、粒あんで代用。

でもこれを氷に見立てて三角に切るのは至難の業。

実は葛粉と白玉粉はそのままですが、薄力粉を上新粉とタピオカ粉で代用したのでもっちりしすぎました。

銀の時計のオーナーさんに切るのはお任せしました。ありがとうございます。

先月は16人でしたが今月は8人。

Sさんは『おへそがえる ごん』赤羽末吉さんの絵がとてもすてきです。

今は3部作として売られているようです。

Yさんはちょっとした手違いで愛犬に噛まれ、その治癒の物語を。

噛んだとき「あー、おかあちゃんやった」という顔をしたとの言葉に感動しました。

手が倍くらい腫れたのに、看護師さんなのに、病院に行かなかった。

ホメオパシーのレメディで治したのです。

すごいです。

心の動きが身体の繋がっていると信じるから出来ることです。

自分を信じることはとても大切だと感じます。

で読んで下さったのは『むらの英雄』瑞雲舎

これは「笑本」!言い得て妙!

Oさんは『ながぐつをはいたねこ

ハンス・フイッシャーの絵がくどくなく軽快で、裏話もあって楽しいのです。

Hさんは谷川俊太郎さんの詩「ありがとう

Tさんは懐かしい『そらいろのたね』

Kさんは新美南吉さんの『でんでんむしのかなしみ』絵が野見山暁治さんサイン本。

いろんな出版社が出していますが、95歳の洋画家のこれはちょっと怖い色使いです。

Sさんは『ふくろうくん』アーノルド・ローベルさんは懐かしい。

三木卓さんの訳というのがすてきなのです。

私はお気に入りの秋野亥左牟さんの『たこなんかじゃないよ』1995年福音こどものとも

と横浜の赤れんが館で見つけた『360°富士山』青幻舎

ちょうどすてきな歌い手さんが来店されたので、♪ふじさん♪の合唱も。

 

 

 

 

 

 

 

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
comments









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS