<< 194回三月グランパ句会 | home | 80回目の墓参 >>

門司区谷町松浦邸人形劇

ああ、楽しかった。

門司区松浦孝邸での「さくらさくひ」
芸術・文化を楽しむ邸宅◆松浦孝アトリエ春の一般公開です。
国立カボチャドキア美術館が、駐車場から見えました。
駐車場からバス道(テニスコート前バス停の近く)に降りて、つぎの道を45段上ります。
近くに櫻の古木があって、溝は桃色でした。
お目当ては人形劇「イジーと間抜けな悪魔」
501FURNITURの谷口直子さんの上演。

アコーディオン片手に人形を・・・・・
一人何役もです。

三十分、子どもたちは(こんなに子どもがいるんだーと嬉しかったです)人形にしっかり夢中。
ワークショップで作ったバードコールをみんなでならす場面もあって、魅力的な人形劇でした。
終わってその人形を触ることができて、おとなもわくわく。
1輪車乗りの兎くんはブルーシートの上で1周していいよと直子さんの言葉で、大喜びでした。

劇中に使ったバードコールは501FURNITURの圭さんが鳥の形を作って下さっていて
それに絵を描いて、胡桃の実を潰したので艶を付けます。
私は胡桃の木で作りました。
サインも入れて・・・・

アコーディオンのなかむらあきこさんとギターのオザワマコトさんのwind rumorさんの演奏も、
惜春の風のなか、気持ちよく気持ちよく聴きました。
演奏中珍しい楽器を持たせて下さいました。
フランス製 シャンティなんとか

風鈴とは又違って細やかな音でした
写真にとりませんでしたが、日本でこの楽器を持っている人は僕を入れて6人(ozawaさん)とか。
大きな竹の楽器です。ウドbooです。
ここで色音であそぼうが出来たら楽しいだろうな。
でもあの階段・・・・・・・
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
comments









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS