<< おはなしどん | home | 再び色音の広場 >>

生活体験学校

8月30日(日)
飯塚の庄内生活体験学校へ。
午前中は段ボールコンポスト

午後は「作文」
九時半開校。4人だった。
しばらくして姉弟きて6人。少なくて助かる。
『くさる』を読む。
紙芝居はおとな向きに作られているので、ゴミの水分は80%を強調して、あとはざっと進む。
箱を組み立てる。
そしてそれに絵の具で・・・・・
面倒くさがり屋の2人の男の子は全面ブルーを塗る。ペンキ屋さんみたいでそれも楽しい。
女の子は色使いがきれい。
乾く間にお茶タイム。
基材を箱に入れてスコップでかき混ぜ、温度計を突っ込む。

次はご飯の用意。
外で飯盒炊爨係と、台所でおかず作りと別れる。

献立は豚丼と冷スープ。
畑の野菜がメイン。
買ったのは豚肉とキャベツだけ。
花おくら入りのスープはお代わりしたらとっても冷えていて美味しかった。

2時から作文。
先ず『あいうえおうさま』を2ページ読んで、子どもたちに好きな行を選んであいうえお物語を作る。
絵本のパターンをなぞる子、独自のスタイルを作る子など、楽しかった。
それは私が読んで一言。

次は紙芝居『あかいふうせん』
だまーって見せるだけ。
そしてこれに言葉をつけて下さい。

発表は各人。初めの女の子が読む前に「絵本をみんなに見せて」と注文。
なるほど、なるほど、良い考え。

ちょっとした言葉遣いに感心する。
注文つけたのは花を折る場面。
誰が何のために?これを必ず入れて下さいと。

こどもの感想文講座は3年前からやっているが、作文講座ははじめて。
書くのは楽しいと思ってくれたら良いなあ。

最後に「しょうないせいかつたいけんがっこう」
を1文字ずつ書いた色紙を渡して、書いてもらう。
し しまうまがしずかにねむっている
よ よろしくおねがいれいをする
う うまが子馬をうんだ
な なすびがくされた
い いっしょうけんめいがんばるこども
せ せいじくんが今1769さいです
い いばらの道はとげだらけ
か からすがかあかあないている
つ つりをしてとても多くの魚をつった
た たくさんの苦難のりこえ幸せに
い いちばん可愛いのはたえちゃん
け けいさつもしもし はんにんたいほ
ん んーと
が がりがり がんがん 音がする
つ つりをしてたら長ぐつつれた
こ こまがくるくるまわる
う うらをつくらずすなおにいきる

ああ、楽しい。
昔は馬を飼っていて、馬糞を堆肥にしていたそうだ。

今は山羊。


生活体験学校が全国にあると良いのに。

帰りは直方の遠賀川沿いにあるサンキューへ。
飯塚の頴田公民館でマイラスさんの馬頭琴と『スーホの白い馬』の帰りに寄ったお店。
そのときマザーリーフをいただいたことを思い出して話すと
なんと又下さった!







 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
comments









trackbacks
URL:http://momo.satokono.littlestar.jp/trackback/998565
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS