<< 手繰りよせる奥の意識 | home | 夏野菜のサワー煮 >>

親子で書こう感想文

昨日から猫のもも太郎の様子がおかしい。
ご飯を食べない。ぐったりしている。

生卵を朝少し舐めたが、あと吐いてしまった。
今日の講座は3時に終わるので、それから若松の病院に次女が連れて行ってくれることに決めて黒崎に向かう。

八幡西図書館での「親子で書こう感想文」もう四年目。
今年は交通費が出た。
今迄戸畑から黒崎までの往復は黒崎駅から歩くのがしんどくて、もうやめたいと思っていたのだが・・・・

午前と午後各10組の親子。
一年生二年生限定。
但し兄姉も弟妹もOK。
で、午後2時からはおとなは10人だけれど こどもは15人!

こどもはおとなの質問に答える。
おとなはその言葉を短冊に書く。
書いたのをどの順番にするかを親子で話し合って・・・・
原稿用紙に清書すればできあがり!
今日は言葉を自由に出すためにこころを柔らかくするのに時間を割いたが
一時間なのでやっぱり6組が限度だなあ。

午前の反省を基に、午後はかなり声がたくさん出たようだといい気になっていたが、
読む本を決めていない親子がいて、後回しになってしまって申し訳なかった。
3時過ぎたけれど図書館にない絵本 

『木がずらり』を見せて、好きな木を選ぶ。

病院へは籠に入れて。

手術中だったので5時過ぎまで待って診察。
血液検査。15分後に結果が分かる。
病気の原因は見当たらないとのことで、栄養注射。
診察料は10,260円!


 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
comments









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS