<< 花見広場 | home | 朗読 >>

元気森

昨夜拾って選別した櫻とともに子育て交流ふれあいプラザへ。

雨がひどく次女に車を頼めて良かった。
30分間でリコーダー演奏も入れたいので読める本は限られる。
しかし、絵本のたくさん見える場所で読みたいので飾りようにこれもあれもと多くなる。
ああ、そうだった、カーニバル用にと選書した本は会場にあるのだから、無いのだけにすれば良かったとあとから気がつく。
シンプルで心地よい会場。

もう8回目。プラザは10周年。
こういう部屋もできて楽しい。

雨なので予想通り子どもたちはたくさん。
1時と3時合わせて140人くらい?
絵本を読むのは多目的ホールだが、暑いこと。
本を読んでいると汗、とうとう目からも・・・・
初めは何で涙?とおもったのだが、あれは汗だったのだろう。不思議な体験。

『ホーホケキョ』からはいる。
笛田さんのウグイス笛に、子どもたちの反応が楽しい。

『ぼうしとったら』
『やさいさん』
知ってる!保育園にある!持ってる!嬉しいねえ。

パーカーを笛田さんに着てもらって『木はずらり』
みんな見つけるのが早い!

順番に「あった!」
で、「どっしり」では「そんなでっかいの無いよ!」その通り、君は偉い!
「ばっさり」の刺繍を見せる。わーほんもの!とのこえ。嬉しいねえ。

笛田さんのリコーダーの演奏を挟んで『さくらちゃん』
さくらを散らして大成功!

始まる前に櫻のシール作ったりしていたせいもある。
終わってからみんな櫻のシールを作る。お土産・・・・

櫻で作ったリコーダーが流れるのがぴったり。
ほかのは梨の木ですって。

2回目は『やさいさん』の代わりに『かがみのえほん』
ホットケーキも喜んだけれど、虹が広がるのを見てあーっと小さな声をあげるのが、とっても快感!

どちらも最後には「おとなのために」と『Little Tree』を読む。

30分間があっという間。ありがとう、こどももおとなもよく聞いてくれて。

Oさんが車出してくださって若松のひびきへ。
エアーステーションひびきの生出演。

笛田さんはここでパーソナリティずっとやってらっしゃたから古巣へ「ただいま」で余裕。
私は初めてで打ち合わせも無しだけれど、要は4月5日の「親子で楽しむコンサート」の宣伝。
名古屋の動物園に残った2頭の象に会いたいと願う子どもたち。
おとなが力を出して「ぞう列車」を走らせる。
それが絵本になり、そこから「ぞう列車がやってきた」合唱組曲が生まれ・・・・
今年の8月に戸畑でそれを歌いましょう!
名古屋では5000人の「ぞう列車がやってきた」企画が進んでいるそう。

ついでに今日2人でやった絵本カーニバルもおはなしする。
5日までです!と。

明日のそらあるき物語のじかん は後のお知らせコーナーで紹介してくださる。
有光楡季(ゆき)さん。ありがとう。



 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
comments









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS