<< 昔話大学 | home | 広場 >>

世界一


最寄り10時から。
昨日一日かけて某大学2年生23名の作文添削をやった疲れで、今朝は動作が鈍く、タクシー飛ばす。
連れ合いさんが入院中で毎日見舞いのKさんも参加され、すべて70歳以上5名の最寄り。
12時前に終わってTさんの車で抱樸館へ。
今日のランチは煮込みハンバーグ。今日も美味しい。
絵本の会のおやつに「笑えるだし巻き卵」買う。

M子さんと銀の時計へバスで。
2時に十分間に合う。

先週日記広場見学のさくら会の1さんも見える。
実は彼女は夢追い塾の三期生。
銀の時計さんは一期生

まず新潟の昔話「鳥呑み爺」間違えずに語れた。
Tさんは『まゆとブカブカブー』福音館

  降矢ななさんの楽しい絵。煙が出るところで、正体はキノコかなと思う。
この集まりに2回目、銀の時計では初めてのtaniseさんは『水おとこのいるところ』岩崎書店

  イーヴォロザーディ作・ガブリエル・パチェコ絵・田中桂子訳
  絵が深みがあって美しい。予想とは違う終わり方だった。
ここでOさんからの思いがけないプレゼントのバースディケーキ。
信子さんのトマトとブドウを使ったデコレーションがいっそう豪華に。

七本のろうそくを吹き消す。なんという幸せ。


Hさんは「生きるということ」
原詩は谷川俊太郎さんだが、それ以上に素晴らしい真武香織さんの詩を読んで下さる。
誕生日祝い!嬉しいなあ。
Oさんは色音であそぼうの絵を額に入れ、それで物語を語って下さる。
茜染めの手ぬぐいも一役買っていて嬉しいこと。
美しいので駒形克己さんの『かぜがはこぶおと』『ありがとう』『雨が止む』も。
8人参加の素敵な会だった。
来月は31日金曜日。
  
 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
comments









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS