<< コープの村花見 | home | 抱っこで絵本を読む >>

絵本カーニバル7


 旅する絵本カーニバルin元気のもりは7回目。
初日の今日、リコーダーの笛田千裕さんとにこにこシアターでコラボする。

1時〜と3時〜の2回。
時間前に集まってきた子どもたちに、千裕さんはリコーダーを吹いたり、種類の説明や歴史を繙く。
大中小4本もあるから、みんなそっちに集中。

リコーダーの響きと『よあけ』のことばが流れていくのは、読んでいて心地よい。
就学前の子どもが多いので、このような静かなのはどうかな?という不安もあったが、この本は大好きで、もっと多くの子どもたちに知って貰いたいから一番に読む。
かなり集中して聞いてくれた。特に3時からのは「しーーん」と。
最後の日の出の場面は「ほーっ」と溜息も聞こえて嬉しかった。
このあと笛田千裕さん作曲「ひかりの道」
『よあけ』の後にぴったり。
次は字のない絵本「あかいふうせん」だから、リコーダー演奏が大きな力。
だまってめくっていても、手応えを感じる。

で、絵本もなくて子どもたちの前に。
座って「エパミナンダス」を語る。

3時のではこの話を知っている子もいたが、一番面白そうに聞いていてくれて嬉しかった。
ここで1時ではかがくいひろしさんの『だるまちゃん』
知ってるーと声が上がる。
3時では帽子に蛙の楽器を隠してtuperatuperaさんの『ぼうしとったら』これも楽しんでくれる。
最後は門司区小森江のほんとうのお話し『さくらちゃん』
終わって「門司の方は?」しかしこの櫻のことは知らなかったので、帰りに見てくださいとお願いする。
今年は咲いているのかな?

ハルちゃんの車で笛田千裕さんを乗せてプラザにむかう途中忘れ物。
『さくらちゃん」の小道具の桜の花びら・・・・
住宅展示場に桜があるのを見つけて、根本の桜を拾う。
通りかかった関係者が「枝折っていけばいいよ」・・・いいえいいえそんなことできません。

というわけで「ひらひらさくら」のところでは無事に花びらがひらひら舞いました。
ハルちゃんSさんありがとう。

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
comments









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS