<< もも太郎 | home | 贅沢な時間 >>

熊森協会


夏至の今日、16日にあった熊森の講演会の反省会とDVD鑑賞が小倉北区下到津の「カフェ昭和の時代」さんでありました
詳しくはFさんのブログをどうぞ。
150名以上集まった森山まり子会長のおはなしは、元気の出るおはなしでした。
若い方が「本気で」取り組んでいることはとても嬉しいことです。
くまが生きることのできる自然林を買って、広げていくのです。
二部の虎丸さんとのトークも杉花粉症の原因とかわかって、良かったです。

終わっての会長を禍根での茶話会も50人以上も残って賑わったらしいです。
わたしはデルソルへ行ったのです。

今日も10人くらい集まって「もっと若い人に伝えたいねえ」と。
で次ぎにもう10人くらい集まってDVDです。
ここからコピーしました。 
3つの"S"-Soil(土)、Soul(心)、Society(社会)
「豊かさ」とは
時間が足りないというのは現代社会のフィクション。時間はふんだんにある。Time is coming
「遊ぶ」こと、「仕事する」こと
仕事と遊びは、実は表裏一体です。仕事と遊びを別のものと考えないほうがいい。心のこもった仕事、想像力や愛情に満ちた仕事、創造的な仕事。それらは遊びと同様、楽しいものです。楽しめないなら、しないことです。必要な仕事なら、それを楽しむことを学びましょう。
 仕事は本来アートです。私たちはアーティストです。

「食べる」こと
世界の問題を解決する第一歩は、あなたの今日の食事からです。食卓に何がのっているか、どんな食べ物を口にするか、です。地球の、天然の、オーガニックのものを選ぶ、そうすればあなたは健康で幸せになり、社会に正義が、生態系にバランスが戻り、地球温暖化もなくなるでしょう。そして何より、おいしい!だからうれしい。
世界の6分の一10億の人が飢えています。
「眠る」こと
よく寝れば、勉強、ガーデニング、料理、読書…、何をしても、ずっとうまくいくでしょう。心と頭がすっきりして、身体も活力にあふれてくる。夜ぐっすり眠ることが大切なのです。よく眠りなさい。必要なだけ。十分に休息し、活動的で創造的に生きてください。
眠ると私自身も助かるし地球も助かる

「歩く」こと
ゆっくりと、時にはあてもなく歩く。それが「巡礼」です。巡礼者は大地の恵みを浪費しない。すべては神聖な贈り物ですから。巡礼とは、人生そのものなのです。地球と自然への畏敬の念をもって、本当に必要なものだけをいただき、無駄なく、欲張らずに暮らしましょう。

怒りと変革
古い格言がありますね。「罪を憎んで人を憎まず。怒りをシステムの個々人ではなく、システムそのものに向けるのです。

争いと平和
個人の「エゴ」の対立の代わりに、「共に生きる」。そのために、まずは「お先にどうぞ」と、相手の話を聞くことです。「エゴ」から「エコ」へ。それが争いから平和への道です。

幸せ、悲しみ、そして歌 加藤登紀子さんと歌の力 魂
木を植える アショカ王は民に5本の木を植えよと命じました。

都市をデザインする
働くことが申請な営みなら、一日に多くの時間を過ごす仕事場は、楽しく、幸せで、プレッシャーもなく、リラックスできる場所であるべきです。人の手で作られたのだから、人の手で変えられるはず。

パワーとフォース  パワーは内なる力 フォースは外なる力

「いる」と「する」
「いる」は、非暴力的でエコロジカルなあり方です。「する」は、強引で、攻撃的で、押しつけがましく、ずる賢い。

いい時間を過ごし、帰宅するとはるちゃんからお花が届いていた。
嬉しい。




Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
comments









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS