<< 米粉の餃子 | home | 絵本カーニバル >>

旅する絵本の


 子育てふれあい交流プラザでの旅する絵本カーニバルはもう6回目。
初日の今日、笛田千裕さんとコラボ。

昨日広場のあと、どの絵本にするか打ち合わせる。

次女が来てくれたので、笛田千裕さんも一緒に送ってもらい助かった。

プラザの会場は、スタッフの手作り絵本カーニバル。
今年は200冊。
わたしは次の3テーマで60冊選んだ。
・おとうさんおかあさん
・おしごと
・いのち
他の方の選書が興味深い。

明日から新学期でお客さんは少ないと言われていたが、呼び込みもあって10分前には沢山集まる。親子で30人くらいかな。

すたっふさんのアイデアで、立派なシアターが出来ていた。
ふわっとカーテンが後ろにあるのが、シアターらしかった。
読んだのは
・ことりのおさら  表紙にメジロが描かれているが「なんだろうね?」とさらり。
・ウグイスホケキョ これに「メジロもやってきます」とある。分かる子は分かってくれる。
・さくらちゃん  最後に「門司の小森江にあります」と読むと、おとなは「ほーっ」と
笛田千裕さんのリコーダー演奏

春の小川の舞台は渋谷とかリコーダーは、テープリコーダーと同じで、小鳥に歌を覚えさせるための楽器が語源とか、楽しいお話しも聴けて良かった。

1時からのでは「太陽へ飛んだ矢」を読むが、2回目はおさなごが多かったので省く。

素話のエパミナンダスは舞台の縁に座って、子どもに近いところでお話しする。
「わかったかいエパミナンダス」と言うと一番前の男の子3歳くらいかな?
「わかった」と応えてくれたのが、とっても楽しかった。

最後に「図書館にはありません」と駒形克己さんの
小さな木

言葉は読まずに、絵を見せるだけでも こどもたちはじーっと見つめる。
 
最後は笛田千裕さんの新曲で終わる。

汗をかくほど緊張したが、終わったら楽しかったという思いでいっぱい。

終わって絵本カフェせかいいちおおきなうちへ。
知らない方3人がいらっしゃったが、絵本に興味がおありと伺って、おしつけだけれど「小さな木」をぱらぱらとお見せする。

もう200人くらいにお見せしたかな?



Posted by やまもも | comments(2) trackbacks(0)
comments
お疲れ様でした。「小さな木」の絵本、欲しいですね。でも、7000円と聞くとつい、考えちゃいます。
せかいいちおおきなうち | 2013/04/05 19:46
そうなんです。ほしいですけれど・・・・・
やまもも。 | 2013/04/06 11:05









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS