<< 寒摘み茶はタンニン少い | home | 睡眠不足いけません >>

ホームレスエイドライブ


ひびしん中ホールでのホームレスエイドトーク&ライブ
ずっと泣いていた。涙が溢れてくる。
悲しいというよりも泣かずにはいられないという感じで涙が尽きなかった。

最初の私の青空で、家に戻れば誰かがいる火影が見える。
それがホームという谷本さんの言葉に先ず涙。

続いて上を向いて歩こう
このとき谷本さんは悲しみをこらえて上を向くのではなく、上にいる誰かに・・・・・
これでまた涙。
舞台の谷本さんと目があう。
でも最後ににっこりと笑いかけてくださった。
歌の力、音楽の力って凄いなあ。

中ホールのお客さんが全部が家族のような雰囲気の2時間だった。
もちろん泣いてばかりではなく、一緒にしろやぎさんの歌を歌ったり、チリの民衆の団結の歌の一節である
エルプレブロ ウニード ハマセラベンシート
と大声で叫んだり、
アンコールの「世界は素敵」ではスタンディングしたりと、細胞は沸き立ったようだ。
最後の歌は今朝出来上がったばかりの歌詞だった。
思わずメモしたのがこれ。聴きながらぞくぞくした。

わたしにははっきり見える
       谷本仰作詞

雨上がる空の下で
すみわたって見える道
暗いくらい雲去りゆき
たった今さし込む光が・・・・
きっともう大丈夫
胸の闇は晴れたよ
祈りの虹は届いて
たった今さし込む光が・・・・
すべての夜はあける
すべての雨はあがる
すべての夜はあける
すべての雨はあがる

雨あがる空の下で
すみわたって見える道

暗いくらい雲さりゆき
たった今さしこむ光が・・・・・

打ち上げにも参加して、ますます家族、ホームを感じた。
このあたたかさ、懐かしさがもっともっと広がっていきますように。

十六夜の月。

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
comments









trackbacks
URL:http://momo.satokono.littlestar.jp/trackback/997869
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS