<< 例会と墓参 | home | 作品展望231 >>

50本の薔薇

 
久山に花屋さんがある。
長女は博多から墓参の時はここでお花を買ってくる。
掘り出し物も買ってくる。
昨日はこの薔薇!
なんと五十本。で、六百円!びっくりでしょ。

しかし一本一本葉をむしり棘に気をつけながら水切りするのは大変だった。
一本に三十秒でも二十五分かかる。
しかしこれだけお花があると嬉しいなあ。

九時から作戦会議。
図書館を考えようと、KさんHさんが来てくださる。
Hさんは十時からおはなし会の打合せなのでこの時間しか空いていなかった。
お子さんが明日はセンター試験!
もう十年も前のことだが、子どもが試験を受けるときのドキドキはうっすら覚えている。いや何も手助けできないから、無力感と、いや力を出すに違いないと信じる気持ちと半々だったかな。

Kさんは休職中なので、そのあとも色々話す。
戸畑図書館にも行き、館長にもご相談。

今の設計図は、図書館を使う人と、図書館で働く人のことを十分考えているかなあと疑問?

十二月十七日の勉強会に参加の大部分は平湯プランだったらいいなあと思われている。
なんとか食い込みたいなあ。1%の可能性?

正月気分が抜けず、昨夜はっと気付く。
十日〆切の俳句を投句していなかった。
昨日は今年初めての牧山小朝の読書

それからお餅焼きの準備にかかったが、ベランダの植木鉢などを片付けて火熾しのスペースを作る。
参加者が多そうだからと部屋の植木も動かす。
こども11人おとな8人
おかあさん達が食器など洗って片付けて帰ってくださるが、ちょい草臥れて新聞をゆっくり読んでいたのでFAX送る時間を逸す。
だものだからますますゆっくりして俳句と選句が出来たのが12時。

今朝送信してほっ。
しかし10日〆切はそれだけではない。
句評「作品展望」を今から書かなければいけないのだが、うーん、お風呂はいって寝たいなあ。
やっぱり正月はなまけ者になるらしい。
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
comments









trackbacks
URL:http://momo.satokono.littlestar.jp/trackback/997492
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS