<< 苅田図書館へ | home | まにあうのなら! >>

今関信子さん!


第8回目の子どもの本の学校主催の今関信子さんのお話しは

 「おとなが育つ子どもが育つ」

幼稚園にお勤めだったけれど、長男さんが小さく産まれたので、子育てに専念。
琵琶湖のほとりに移転
長男と近所の子どもたちの初めての接触を楽しく語られる。
ご主人の転勤でイギリス2年間の生活。
小1小4を日本人学校ではなく現地の小学校へへ行かせる肝っ玉母さん
他の国の人と出あって、自分の基準で人を見ることをやめたこと
幼稚園でうそ物語を作っていたから、それを書き出した。


かえるの本を頼まれたら知っていることを書いたら30枚で終わった。
100枚。
それで蛙を飼う。ウシガエルのおたまじゃくしを飼うが、ちいさいのにしたらなかなか手も足も出ない。
ウシガエルは2年かかると知った。前足はそっくりそのままが出てくる。うす色足は小さいのが大きくなる。尾は取れるのではなく縮んでいく。

今関さんは全部自分で調べる。他人の資料を見ただけでは書けません。とっても正直な方。
お母さんがまた素晴らしい。
仲間はずれにされた女の子がいて
おかあさんは「ああ、口っちゃうるさいもんだ。子どもは子ども、子ども同士仲良くあそびな」
で、今もその子とはなかよし。

びわこ学園も深く深く取材して『いのちをつなぐ250辧
イスラエルにも行き、12歳で自爆テロをした少女バンドヘン『平和への夢』
神戸の震災後『神戸っ子はまけなかった』それから『黒い虹を七色に』
カンボジアへも『地雷の村で寺子屋づくり』
一番新しいのは『琵琶湖のカルテ』
京都の子どもたちの活動を書いた『永遠に捨てない服を着たい』刊行予定
11月6日に気仙沼に行かれるそうで、これも楽しみです。

1時間45分、とっても明るくしかも元気に話してくださる。
子育てふれあい交流プラザでは岩崎京子さんの講演会、地区の文化祭等々行事が重なってお客さんは少なかったが、いいお話しだった。
「知らないって言うのは力ですよ」と明言されるのが、心強かった。

参加された方はほとんど本を買われ、サインしていただく。
「ともに生きてこそ」の文字は美しい。

今関さんを囲んでの夕食会は、「元気を貰った」人が多かった。

子どもの力はすごいです。おとなは概念があって縛られています。
 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
comments









trackbacks
URL:http://momo.satokono.littlestar.jp/trackback/997411
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS