<< テレジン展は4日目 | home | テレジン展おわりました >>

テレジン展もう五日目


「いのちを奏で
 いのちと踊る」
垣内美希さんのギター、野田いづみさんの踊りで始まる。
きれいだなあ。
子どもたちの絵の前で音が流れ、体が漂う。

辛さや切なさや憤りや絶望、それらを越えて希望があり、いのちがある。

空気が柔らかくなる。
空調の音が、初めは気になっていたが、あとは気にならなかった。

素敵な空間が生まれ、見る人と踊る人奏でる人、そして絵を描いた、昔の、今の子どもたちが喜んでいた。

上手く言葉にできないが、良かった。
ありがとうございます。


今日もいろんな方がテレジンの子どもたちに会いに来てくださった。
189名の方。

八幡図書館の近くの「ぱん」のオーナーさんも。
実は絵葉書を5部預けていたのだが、その代金を届けてくださった。
八幡を引き揚げるとき、ご挨拶に行く暇もなく、いや忘れていて、気になっていたのだった。

お嬢さんがドイツにいるので一緒にアウシュビッツへ最近行かれた方も八幡西区から。
今テレジン展を見ているとドイツのお嬢さんにメール。
するとドイツから「テレジンはね・・・・」と返事。

91歳の方も。
85歳の方も。
ぬのばらを作りに来た方も。
センターに用事で来られた方も。

Posted by やまもも | comments(2) trackbacks(0)
comments
こども達が喜んでいた・・・本当に。
いのちと響き合うことのできた、しあわせな時間でした。
ありがとうございました。
いづみ | 2010/08/09 17:55
あのような厳しい状況で絵を描いた子どもたち、詩を書いた子どもたち、その時だけはこころが喜んでいた、生きていた。
そう思おうとしています。
だから、あなたに踊っていただきたかった。奏でてほしかった。
美希さんに歌っていただきたかった。表現して貰いたかった。
だから、子どもたちが喜んだと感じました。
時を越え、祈りが通じたからです。
ありがとうございます。
やまもも。 | 2010/08/10 02:48









trackbacks
URL:http://momo.satokono.littlestar.jp/trackback/991615
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS