<< 松居直氏講演会 | home | マイマイ工房 >>

初めに言ありき


初めに言があった。言は神と友にあった。言は神であった。この言は、初めに神と友にあった。万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは、何一つなかった」

第6回子どもの本の学校は、松居直さん。わたしの実父も名は直だが「すなお」松居さんは「ただし」子どもの本といえば「福音館」だが、小さな地方出版社を、世界でも有名な書店にされた力は、このことばにあった。そして役に立つ、ためになるだけの本は作らない。子どもが喜ぶ本、楽しむ本を作るという編集方針にあった。

「ことばは命です。」
「ゆたかなことばをおとなが使うこと。子どもは聞き耳を立てています」
「絵本はおとなが子どもに読むものです」

画面が暗いが、手に持たれているのは「スーホのしろい馬」
赤羽末吉さんは360度の地平線を見せたい!園も位を実現するために今までにないっよこながの本が生まれた。
絵本の縦書きを横書きにしたら、国語の教科書は縦書きなのだからと、学校の先生に文句言われたこと。
「小さなおうち」にはアメリカの歴史が描かれているし、目に見えない時間も描かれている。
俵万智さんが「さんびきのやぎのがらがらどん」を3歳で一言半句間違えずに読んだが、幼児なら誰でも持っている力。
しかし、親が覚えさせようという下心で読んでやると子どもは感じる。
おとなが宝物をもってると子どもに感じさせること。
おとなが豊かなことばを使うと、こどもはそれを受け取る。
今は豊かなことばをおとなが使っていないのでは?
テレビなどの喋っているのはことばではありません。
ことばは伝えるものだし、いのちです。

正16年生まれ。83歳には見えない。

紅梅学院大学学長だった佐藤泰正先生に、姿勢が似ている。
ミクシィにアルバム作りました。
http://mixi.jp/view_album.pl?id=40937083&owner_id=2115306&page=3
Posted by やまもも | comments(4) trackbacks(0)
comments
僭越ですが。
人も宇宙も、すなわち命、そして魂、理性とは言葉。だと僕も思います。
万物は、世界は言葉。
僕たちは言葉でしか物事を認識し得ない。
たかが言葉されど言葉、笑止。
たかが? されど? そんなふうに評価の対象になるものではない。
言葉をないがしろにすることは、善く生きるとことと真っ向から対立すると思っています。

ヨッパなので、しかも泥酔。明日読んだら意味不明そうです。
それこそ「ないがしろ」でしょーがw

さておき。
講演、聞きたかったですー。
あ、アルバム、見なきゃ。
ごんむつみ | 2009/11/23 02:40
ヨハネの福音書の冒頭ですね。今の僕にとってはキリスト教は正直に言って新鮮味がないのが現実です。でも言葉って大切ですよね!人が生きるも死ぬも言葉の使い方次第だと思います。現在の僕を支えている言葉を吐いたのは結さんの存在であり、劇団が第一回目の成功をした時、小倉の飲み屋に行って結さんが満身に笑顔を僕に向けて「まだまだ伸びるよ」と僕に言った一言で自分に自信が持てる生き方ができるようになりました。結さんに対する感情を正確に言えば、愛情が半分、でも憎しみも半分、まあ夫婦が連れ合いに向ける感情と同じ性質のものですね。
どうのこうの言っても結さんには感謝すべきなのでしょう。
紅の豚 | 2009/11/23 02:48
ももさん、お久しぶりです。
先日はお会いできてうれしかったです 
゚ダキ゚+.(´・ω・人・ω・`)゚+.ギュッ 小さくなったももさんを感じましたが・・・

新PCは使い勝手に慣れず苦労しています
茂田井さんの絵本を購入されたのですね。
松居さんが生きることの喜びを人生後半に子どもたちに捧げようとなされたこと 茂田井さんが精魂こめて描かれた子どもたちへの贈り物、その遺志を受け継ぎそれを成された松居さんは失礼ながら、凛として眩しくみえました。
再度、確認するような思いで聴講させて頂きました。
「神のなさることは、すべて時にかなって美しい。神はまた、人の心に永遠への思いを与えられた。」

素敵な時間をありがとうございました。
すぎのこもり | 2009/11/24 07:59
ごんむつみさん
>言葉をないがしろにすることは、善く生きるとことと真っ向から対立すると思っています。
本当にそうです。
それなのに「本音」とか「立前」とか使い分けるおとなは嫌いです。
いつも本音で、ないがしろにせずことばを使うおとなになりたいです。
酔っぱらったほうが、神の声に近い!

紅の豚さん
わたしはことばを信じます。
だから、あのとき、とても怖かったのですよ。
でも、もう忘れます。

すぎのこもりさん
わたしも
゚ダキ゚+.(´・ω・人・ω・`)゚+.ギュッ 
ありがとう。ありがとう。
絵本を読むことは、子どもにことばを手渡すことですよね
私の宝物を手渡したいです。

今サイン入りの「絵本・ことばのよろこび」を読んでいます。
一字一画おろそかにせぬ松居さんのサインを見ると、背筋を伸ばさなきゃと思います。
佐藤泰正さんと通じる凜とした本当のおとなですね。
やまもも。 | 2009/11/27 20:14









trackbacks
URL:http://momo.satokono.littlestar.jp/trackback/948916
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS