<< 雪の全く見当たらない安曇野より | home | ロイヤルコペンハーゲンの美 >>

山本容子さんの版画を見ました

お天気なので電動三輪自転車でお散歩。
燕岳の上にこんな雲が・・・

途中で電気残量が少ないことに気づくが、坂道だけ付けてGO!
めざすは「作家屋」さん

リハビリ大で賞品に出し好評だった絵葉書を、中は見ないままだったのだ。
見本用のが一冊のこっていた。
それから岩崎ちひろさん挿絵の新井満さんの「千の風になって」
紅白に出た歌手の声も確かに素敵だが、わたしはラジオから流れた新井満さんの歌声が今も心に響く。

それからもっと大事なのは、作家屋さんの品物がいつのまにかバッグに入っていたので、お返しするためだった。
ワイシャツのボタンの上にパチッとかぶせる寄木細工の作家もの。

小さいので、滑りこんだらしい。見ただけでは何に使うかわからなくて、そう説明されたらほしくなったけど、シャツを着ないので断念。
同じ作家さんのジャムスプーンが目につく。じかしパンをほとんど食べないのでこれも断念。ロシアンティーもめったにしないしなあ。

コーヒーいただいてさよならしたが、外で帽子に目が行く。
ちょっと洒落ている。ラベルは micco New york

昨日も今日も戸畑に行ってもも太郎の世話をしてくれている次女に似合うかな? 

次はギャラリー留歩へ
6日お休みと入口の張り紙にあったけれどOPENとぶら下がっていたので入る。版画が置いてあったが、なんと5点も私の好きな山本容子さんの作品が
あった。絵本もおいてくださってるので、いすに座って読ませていただく。
するとコーヒーまでいただく。

目の前は大きな窓。
そこに鳥のえさ台をつけに来られていた。
「絵本美術館もりのおうち」でバロック音楽のコンサートがあり、その練習にギャラリー留歩を使ったとき、ここにえさ台があったらいいねと話が出て、そういう運びになったらしい。しかし奥さんは「そこは私たちの土地ではなくてね、いいのかしら?はやく主人帰ってこないかしら」と案じられていた。


ここに座っていて、小鳥がえさをついばみに来たのを見られるなんていいなあ。お話を聞く前に「ここで小さな音楽会があるといいのになあ」と思っていた。ここなら自転車で来られるし・・・・・

Posted by やまもも | comments(2) trackbacks(0)
comments
時間がゆっくりと過ぎているようで
いいですね
私もそんな時間が欲しいです
お父様のご様子はどうですか
funamoto | 2009/02/07 05:08
そうなのです。父の介護は名ばかりで、今回は休養です。父はこの2、3日は軟便で、おかゆにしたり消化の良いものを心がけましたが、もう大丈夫のよう。一人暮らしに備えて、圧力がまを磨くのに腕カバーがいるからと、パジャマの袖を利用して腕カバーを作ったり、碁のビデをや本を見て勉強したりと、元気のようで一安心です。
あとは義兄の心臓が30パーセントから、もう少し働いてくれること、姉のB型肝炎が悪化しないこと
わたしの変形性足首関節症が軽くなること、ね、一番元気なのは父なのです!嬉しいことです。
穂高のやまもも | 2009/02/07 21:32









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS