<< 男女共同参画事業 | home | 都鳥・絞孔雀・金魚・乙女 >>

内田麟太郎さんのお話


第二回子どもの本の学校は「絵本があってよかったな」内田麟太郎さんに来ていただいて大盛況。三日前に締め切ってお断りしたほど。
前日は小倉北区の一椿で夕食会。まあ、おもしろいお話が次から次へ。聞いていて思わず笑ってしまうのだが、お疲れにならないかしらと気になる。それだけ周りに気を遣ってらっしゃる。


今日のお話も、えるまー書店さんが用意した本を見て、それについてのお話をなさるのも、売れ残らないようにという配慮。
たくさんの画家との作品がたくさんなのも、もちろんこの人の絵がすきだからとか、これ、これ、という好みもあるにしても、たとえば新人さんだったら、そのひとがこれから生活できるようにとの考えもおありで、懐の深さを感じる。
初めて内田麟太郎さんを知ったのは大牟田出身のUさんがサイン本「ともだちや」をくださったからだ。お涙ちょうだいっぽくて、あまり好きではなかった。ところが「うそつきのつき」を見たとき、私の好きな長新太さんかなと思ったし、言葉が楽しくて、ああ好き!と思った。
「ともだちや」の制作過程と世に出るまでのことはエッセイの「絵本があってよかった」に書かれているし、お話もしてくださっった。
Posted by やまもも | comments(2) trackbacks(0)
comments
>私の好きな長新太さん

私も長さんの大ファンで全種類揃えたいと思っているほど!赤ちゃん絵本も長さんの作品が沢山あってベビちゃんも喜んでます。
ベビちゃんの読み聞かせを通してやっぱり私は長さんの作品が大好きって実感してます。

長さんの絵本を買う人は変わったママさんが多いっていう内田さんの言葉には受けました。

内田さんの「おばけ電車」も家族で大評判でした。
昨日は楽しい時間を過ごせました。
やまももさん達スタッフに感謝、感謝です。
| 2008/04/01 11:43
ベビちゃんはお兄ちゃんがお守りされたとか・・・素敵ですね。
昨日からアクロスの「絵本カーニバル絵本の森に迷いこむ にきています。
絵本つくりのワークショップを昨日今日と受けます。子どもに混じっての受講です。長さん風の絵本にしたかったけれど絵が描けないのでコラージュでごまかしました。子どもはうまい!
やまもも。 | 2008/04/02 09:54









trackbacks
URL:http://momo.satokono.littlestar.jp/trackback/699680
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS