<< 我が家の猫もも太郎の脱走顛末記 | home | 友の会3月例会とM小で熊丸先生の話 >>

コンビニに傘をまたまた忘れたの!

まだまだ菜の花が咲いています。

98回グランパ句会。
5月で100回!よく続いたなあ。
一時期BさんやKさんに句会報を作っていただいてこともあるが、そして最近はHPも更新の方に選句をメールで依頼したら一句抜けてる!慌てて見直すと日曜日に携帯電話で受けた3句も忘れていた。それで、後二人の方にも追加を送ったら、メールで投句があった。また追加のメール。ばたばたしながらおもうのは、わたしってせっかちなんだなということ。じっくり考えることをしないで行動する質。母から「あんたは老婆心が足りない」とよく言われていたが、そういう点だったのだろう。
目先が利かない?先のことが見えない?余裕がない?やっぱりせっかち、気が短いのだ。困ったもの。そのうえ忘れっぽいと来ている。
いつもは黒崎でコピーするのだが、待ち時間が少しあるのでと戸畑駅のコンビニで句会報(A3サイズ)をコピーした。その時傘を横に置いて、そのまま忘れて特急に乗ってから気付いた。どうしよう、いままでいい傘を持っていなかったので、きょねんやっと買ったお気に入りの傘。出がけに迷ったがやっぱりその傘が好きなので手に取った傘。
しかし、運のいいことに黒崎駅のコンビニも同じam/pmではないか。戸畑駅の電話番号教えてくださいと頼むと、メモしてくださった。電話すると「ありますよ」ほっ!

お昼休みにM小へ行く。
先の水曜日、雨のせいもあって図書室遊んでいた子が何かの弾みでどうなったのだろうか、はっきり判らないのだがパソコンが壊れ、貸し出しが出来ないし、図書室に鍵がかかるようになったらしい。昼休みに本を読みたい子もいるだろうと、鍵を開ける。
低学年は来なかったが、5年の男の子3人が来る。本読もうかと言うと「はい」と言うので
「つぐみのひげの王さまーグリム童話(どうわ)」 フェリックス・ホフマン 絵、大塚勇三 訳 を読む。
途中6年生が追いかけたり隠れたりと入ってくるので「図書室は本を読むのだから静かにしなさい」と注意する。隠れながら耳を傾けている様子で、合いの手をいれるのでおかしかった。
長い物語だが、3人はよく聴いてくれ拍手も貰った。時間さえあれば、図書室に毎日行きたいと思う。
明日は友の会の例会だが、M小6年生への熊丸みつ子さんのおはなしが14時からあるので、それには行こうと思う。

Posted by やまもも | comments(2) trackbacks(0)
comments
今日は句会、楽しかったです。虎血さんがいきなり来て帰ったのは僕のせいではないかと心配しています。最近、彼に電話してもお母さんが出て本人は留守だと言っているので、僕は避けられているのかな?と思っていましたので・・・?僕の考えすぎかもしれませんが?何か僕のことで誤解があるのでしょうか。ちゃんと話して誤解を解きたいです。
(単なる考えすぎかも知れませんが?)
紅の豚 | 2008/03/03 23:43
楽しんでいただいて嬉しいです。
次は俳句を作ってみませんか。
言葉の遊びです。ギターの響きと思って言葉を連ねてください。
虎血さんは、友人の介護にいっていて。今日はとても忙しくて「いけそうにない」とメールが来たから「無理しないでいいですよ。でもちょっとでも来ることが出来たら嬉しいです」と返事したので来てくださったのですが、とても疲れていたのだと思います。句会でも最後までいないときが多いです。
避けられているとは考えなくてもいいと思います・
きっと今日は披露の限界で、寝込んでいるでしょう。
やまもも。 | 2008/03/05 00:41









trackbacks
URL:トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS