あけましておめでとうございます

新年は郵便局にこの年賀封書を持って行くことから始まりました。

200通。

25日に印刷。

29日から作業

31日は帰省した次男が封入、切手分割(85円年賀切手が一〇枚しか買えず,55円年賀に30円)

してくれて助かりました・

彼が恒例の友人との年越しにでかけた後は,一人で作業。年内に終わりました。

 

郵便局から友人宅へお年賀。

このお節を一緒にいただくためです。ありがとうKさん。

いいお天気でお庭の散策。

この花は何でしょう。

私好みで,鞘がはじけたら絮毛!

今年もよろしくお願いします。

2月9日(木)野村路子さん をお迎えしての昨3月の旅行報告会です。

チェコのテレジンのこと,

ポーランドのオシフェンチウムにあるアウシュヴッツ収容所のこと、

言葉を失わず語りたいです。

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

渋柿をつるし柿に

連れ合いが山口県の肥中に土地を借りて陶芸小屋作りを始めてからつるし柿作りが始まった。

3本の柿の木がそこにはあって、1本だけ甘柿。

それで毎年100個から200個持って帰るので、せっせと剥いてつるし柿を作っていた。

その思い出に20個くらい毎年作っていたが,今年は買い物にあまり出なかったので渋柿が買えなかった。

で、FBにそう書くと、大阪のKさんから今朝送られてきた。

びっくり。

で、明日の海峡演劇祭の朗読が済んでから落ち着いて剥こうと思ったが、陽光がさんさんと・・・

それで3キロ24個剥いて熱湯に3~5秒つけて干す。

明日もお天気だといいなあ。

 

 

 

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

柚1kg百円ジャム作り

ボンド加工美祢市の厳島神社の銀杏の葉

柚大好き。
去年グランパ句会のNさんが下さった柚ジャムが美味しかったのを思い出しジャム作り。
水俣の甘夏マーマレードと同じで、捨てるのは蔕だけ。
ふたつに割り、軽く絞って種は別の鍋。
実は袋もそのまま薄切り。

Hさんに研いで貰った包丁が活躍。
実と果汁を鍋に入れ火にかける。
混ぜながら柔らかくなったら砂糖を。
700gの材料に徳之島のきび砂糖を何回かに分けて300g
蜂蜜も入れる。パイロゲンも入れる。
鍋の種は水を足して煮詰め、汁だけを鍋に入れる。
ペクチンの活用。
いい香り。ああ美味しい。

白砂糖だと金色に仕上がるのでしょうけど・・・

同じく百円で買った間引きの人参は、半分は葉も根も湯がいてマヨネーズ和え。
レシピにはツナ缶とあったので、常備菜の鶏ハムを入れる。
あと半分の葉は乾燥若布と合わせてふりかけにしようと今刻んでいるところ。

ヤマネコ毛布のチラシの件であれこれあって、え、チラシの紙質?
知らないことばかり。
簡単に入稿って思っていたけれど大変!
ありがとうございます、T姐さん。



 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

お豆腐

戸畑に美味しいお豆腐屋さんあり。

2階のK夫人と立ち話していて教えて下さったお豆腐屋さん。
参宮通の灘吉大國堂の前。
看板もなにもない。
入ると右手に大きな冷蔵庫風の扉有り。
ごめんください。すみませーん。
と声をかけてしばらく待ってから買える。
昨日お墓参りのついでにえこわいずで福岡の荒木の豆腐を買ったのだが、食べ比べると断然上野さんが美味しい。
今日は最後の二丁だった。
17日からまた開店。

「こども・いのち・へいわコンサート」のポスター

牧山東市民センターに貼っていただく。
マドレーヌ美容室にも。
 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

小倉祇園



市民劇場「桜の園」のoff会。
代表のUさんご夫妻に招かれてKさんと一緒に。
お宅はここ、
勝山公園が一望に。
10階の、一番川寄りでドアを開けて風が通る。

写真撮らなかったが3種のワイングラスが・・・・
まずニュージランドのシャンパンで乾杯!
白いモッツェラチーズとトマトとバジルの前菜が良く合う。
ご夫婦ともワイン教室でお勉強された蘊蓄をさりげなくご披露してくれる。
知らなかったことを知って快い。

トーベヤンソンさんのじゃがいも・玉葱ホワイトソースにアンチョビー
これが白ワインに美味しかった。
口に食べ物を入れ、そこにワインを・・・・・うーん旨い。

アボガドやバナナ、セロリなどのサラダの後は、ロゼとローストビーフ。
もうおなかいっぱいで入らないと思ったが、これがまた美味しくてすっと一皿いただく。
締めは紅茶とケーキ。

外では小倉祇園が太鼓を叩きながら橋を渡っていく。

テレジン展のご褒美だな。ありがとありました。

しかし昨日は夕寝して、12時過ぎにはベッド、そして今朝はいえ、朝ではなく昼に起きて・・・・
よく眠れること!いつもはそれだけ寝ると腰が痛いのだがそれもなく、二重にものも見えず、爽快!
ありがたいなあ、健康は。
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

刺身用チヌ480円


今日も半日パソコンの前。
俳句関係、テレジン関係あれこれ
来客もあり、やっと夕方外出。
学校図書国語六年下が近くの本屋さんに届いているから。
教科書に「フリードル先生とテレジンの小さな画家たち」が載るというので、2011年に学校図書に電話する。
すると下だからまだ販売していません。見本をお貸ししますと送ってきた。
それでA3のカラーコピーをラミネートして、各会場にその教科書と一緒に展示。
皆さんよく読んでくださる。
長崎にも展示し、明日からは西南学院中高等部。
手元に戻るのは18日。
うっかり原本のコピーもしていなかった。
牧山小の5年6年におはなしする前に、担任の先生にお渡ししたい。
で、今度は福岡県の教科書販売会社に電話。
25年度版が1冊ありますと嬉しい言葉。
さらに送ると送料などご負担いただくので、近所の教科書取り扱い書店に送ります。
届いたら取りに行ってくださいとの親切なお姉さん。ありがとう!
で、金春堂から連絡があったので取りに行く。
帰りに買い物。
すると刺身用のチヌがなんと480円。
鱗を取って捌いて、半身を刺身にする。
う、うまい!たいよりもっと甘みがあって、やはりこっちが好きだなあ。
白子は塩麹で焼く。橙酢をかけ、生七味で・・・・最高!
これに日本酒があれば言うことないんだがなあ・・・

もも太郎もお相伴。贅沢な猫。
半身は塩麹をまぶす。

帰り道、天籟寺で見た何かわからないわさわさした植物を発見。
近くなので花が咲いたりしたらわかるかもしれない。
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

純米大吟醸獺祭


今年初めての鍼灸整体。
ふと気付くと昨年暮れの左肩の重い痛さが消えていた。
きっと日記広場たよりを発送したからだろう。

でも寒いと少し膝が痛むので、定期的に受けたいもの。
いつも次女の車での送迎。
菫双葉楓ミニダックス3びきのプールが鍼灸院の近くで良かった。

また二人でお江戸へ。
先日、鰯のにぎり寿司が美味しかったから。
すると去年のじんじんの打ち上げの時、あべひろしさんの獺祭をちょっと味見させて貰って以来のまぼろしの酒だったのがある。
但し1575円!
しかし1升は16000円するそうだから、安い!
すっきりした飲み口でいくらでも飲めそうだが、ちょっぴりで満足。

昨夜10日締め切りの作品展望書き上げ、速達で送ったのでご褒美に飲む。

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

米麹の甘酒

わが家で最寄り会
寒い雨の中五人集まる。
甘酒をお出しする。
エコワイズで求めた米麹で作ったもの。
いつもは麹に固めに炊いたごはんを加えて作るが、袋の書いてあったとおりに米とお湯だけで作る。
米麹500gに70度のお湯1250g。それを60度に保って14時間。
なめらかで美味しい。
1万5千年前の石の上の甘酒。
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

雪花菜と土佐煮

グリーンコープで注文の柚子。木頭(きとう)柚子。
柚子絞り器も。
抽選に当たって嬉しい。

 寒い日だが、わが家は暖房なし。
外出予定なしなので、料理の日。
直方の墓参りの帰りにえこわいずで買った荒木の雪花菜(おから)を酢味で作る。
冷凍保存の味付きの椎茸や揚げを入れ、繊切り大根、ちりめん、そうだ薄切り筍も冷凍室にあった・・・・・・あれこれいれて完成。枝豆を散らす。随分冷凍室がすっきり。

すき昆布では土佐煮。
私はこれに人参を入れる。
雪花菜用に人参は煮ておくので、土佐煮にも使う。
調味料を煮立たせて、すき昆布と人参を入れ、水分がなくなったらかつお節と胡麻。
砂糖は雪花菜の時も使わず甘麹を入れる。

ああ、美味しいなあ。
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

間引菜・白菜漬物

 
12日に干した白菜が、良い気持ちで4%の塩に漬かっている。
蕪の間引き菜は昆布と一緒につけた。
いい味。これに柚子を搾って・・・・
今日はごはんを炊いていないから残念。

旧百三十銀行の責任者Wさんは佐賀で農地を買って、農業もなさっているとのこと。
陶芸家の中村文さんの縁で、14日に大根の間引き菜をいただいた。
ちいさな根は床漬けにし、葉っぱはちょっとゆがいて絞ってから炒りし、かつお節やちりめんや胡麻を入れてふりかけに・・・・
ああ、これもごはんと一緒だったら美味しいだろうな。

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS