星の銀貨ひつじのクラス最終回

3月26日(日)10時から4時まで。

全員出席で最後のクラス。

オイリュトミーはとうとう覚えきらないまま。

でも、自分の中心はどこなのかを探るためにもいい時間だった。

 

宇佐美先生のオイリュトミーと講座のあとはえみ先生の人形劇。

「おいしいおかゆ」

昼食後に二人で組になって、これを演じる。

語りと人形遣いと音楽(キンダーハープとブロッケン)

 

終わって合評。

そして先月し残していた編み物。

こういうボールが出来ました。

 

 

昼食後は

 

 

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

星の銀貨羊のクラス

中本町7時53分発が3分遅れてくる。

前はそれで間に合ったが、今回は高速バスの後ろ姿を見送る。

タクシーに「高速バス追って!」と乗り込んだが運転手さんが頼りなかったので却下。

次の高速バスにする。

福岡中央郵便局で降りてタクシー。なんと10時に到着。

しかし先生お二人以外はだれも・・・・

熊本と北九州から来るまでのお二人は渋滞に巻き込まれて遅延。

お一人はお子さんの用事が出来て欠席。

 

待っている間オイリュトミーの特訓を受ける。

真っ直ぐ前に脚を出すと、反対の足がよろよろする。

アーイーオーのポーズをゆっくり何度も。

ぱっと足を広げ、つぎにぱっと足を閉じる動作だが、皆さん揃ってからしたとき、出来て嬉しかった。

今迄は広げるのは出来ても、閉じるのが出来なかったから。

 

濡らし絵はクリスマスツリー。

少し濃いめの青で夜。

黃色で光り・・・それが徐々に緑の木になっていく。

そして雪だったり、星だったり、天使だったり思い思いのツリーが出来る。

 

午後、陽が差し食後で眠たくなるかなと警戒したが大丈夫だった。

クリスマスのおはなし。

二人のイエス

ダヴインチやミケランジェロは二人のイエスを描いている。

光と闇

12月24日に無垢なイエスが生まれる。

13日を経て1月6日に叡智のイエスに生まれ変わる。

友の会のクリスマス例会で牧師さんが話してくださったマルコの福音書とルカの福音書のイエスの書かれ方の違いと通ずる。

午後の手仕事はトランスパレントの折り紙。

重ねると美しい。

 

5人のクリスマスツリー

 

 

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

11月星の銀貨羊のクラス

もう8回目。

行くと先生お二人だけ。でも熊本からの方もお昼にはお見えになって4人揃ってほっ。

オイリュトミーがよく分からないので一人の特権で宇佐美先生に教えていただく。

1ヶ月に一回では覚えられない。

続けると身体が変わりますとと仰る。

最近歩き方がよぼよぼなので変えたいと強く思う。

 

手仕事は濡らし絵。

真四角の紙。

乾いたらオイルを塗る。

アイロンかける。

折始める。

この写真は作り方がないかなと検索したらずっと昔にUPしたのが出てきてびっくり。

先ず三角に。も1つ三角に折って、開いて四角にする。

それぞれの角を畳んで↑

切ります。

開いて両側に良く折り目をつけ、潰すようにして三角にします。

重ねるとツリーのようです。

ツリーのてっぺんを下にして、広げるとランタンの出来上がり。

 

虹色の5角形です。各辺を折り曲げて印をつけます。

各辺の真ん中から交わっているところまで切ります。

切ったところを線まで持ってきてボンドで5カ所

貼り合わせるとこういうランタンが出来ます。

 

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

10月星の銀貨羊のクラス

昨夜は谷本仰さんと中島由希子さんの「いのちのうたデュオ」ライブ久し振りでとっても楽しかった。

でも、終わったのが9時半過ぎで、桃園で幸運にもすぐにバスに乗れたけれど中央3丁目では50分後にしか戸畑行きは来ない。

ほんとに過疎地!

で、タクシーで帰る・

で、今朝は7時半にでて中本町バス停。しかし53分発しかない。それも遅れる。

中央3丁目は8時11分発高速バスいとうづ号。

はらはらしたが間に合う。

天神バスセンターで降りて、4月はバスに乗っていったけれど,どこで何番だったか忘却。

タクシー!

 

もう七回目のクラス。

オイリュトミーは心地よい緊張。

家ではまったくしていない。覚えていない。いつか覚えるだろうか。

今日の濡らし絵はプルッシャンブルーとインディゴブルー

明るいブルーでまず塗って、まるい円を残す。

それはお月様。

だんだん闇が濃くなって・・・・

藍色を重ねていく。

最後は薄めていない藍い近景を描く。

青は集中の色。

ちいさなことなどあれこれが離れていった。

心地よかった。

「月」お話しのあとはフエルト作り。

軽ーく羊毛をちぎってまるいプチプチの上に重ねていく。

オリーブ石鹸を泡立てて上に泡を落としていく。

ラップを上に置いてごしごしこすってフエルト化。

タオルに挟んで石鹸分を絞る。

まるく縫ってお宝入れの出来上がり。

次はセラミック粘土で星のオーナメント。

が輝いています。

 

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

星の銀貨 羊のクラス6回目

9月25日(日)10時〜16時受講生4人揃う。

今日のテーマは水

いつものように円に座ってご挨拶。

8月21日もも庵での

「コンサート&体験ワークショップ「ドイツからの音楽の手紙」の感想。

私は音楽の歴史を語ってくださったのだが、中学の音楽の知識しかなくて分からなかったこと。

でも最初のワークショップで参加者全員輪になって、他の人の音を聞きながら自分の音を出す時、

目を瞑ったら、音の色が見えて初めての体験でとても嬉しかったこと。

薄い紫や落ち着いた黄緑だった。かすかにオレンジも感じた。

 

次はオイリュトミー。

人間の身体は70%は水。

身体の中の水を意識しての動作。

内から外へ。

シュターブを持ってまるくなる。

1234567

時計回りが右を動かすのだときょうやっと確認。

シュターブを後ろに回しそれを両脇で挟むのが難しい。

それに輪になって前を向きながら摺るのはいいのだが、それを後ろに歩きながらが難しい。

 

あぶら汗!

 

としくらえみさんの濡らし絵

一枚目先ず命の色の赤(今日はバーミリオンではなくカーマインレッド)

をうすーく伸ばし、波を描く。

波の間にお魚?何がいるかな?

右隅のあかいのはウニのつもりだったけれど、にじんでうまく行かなかった。

(実は何日か前に、ウニの山盛りがだったの1,000円なので2盛りちょうだいとの夢を見たのでした)

尾びれも難しくて,海のなかにはこんな魚もいるよねとひらひら尾びれにしてしまった。

 

二枚目ははじめから海!

青を塗る。

自由に!

皆さんの

午後は「水のかたち さかなの姿」

なにしろ宇佐見陽一さんはお魚専門だから寄り道が楽しい。

 

大きな特質は「受け身」

 

最後は手仕事。

羊毛をちくちくして胡桃の針刺し。

右の画面はドイツのシュタイナー学校で100個作って売るというので親子で作った100個のピンクッション。

4人の作品

私は虹。

その上に4人の天使’(私たち4人)

両端に陽一さんとえみさんが見守っている!

 

 

 

 

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS