若松図書館九州ヤマネコ応援団おはなし会

昨日に引き続いてお話し♡どんのメンバーの三人は若松図書館へ。

若松在のKくん。戸畑在の千裕さんと私。

(他の方たちは彼岸の入りで・・・・・)

そして九州ヤマネコ応援団のメンバーのYukari Fujitaさんと

幻燈『ヤマネコ毛布』制作者の江藤直子さん

 

昨日の上天気とは打って変わって、みな傘を持って集合。

帰りは傘を差しました。

お客様もひとり・・・ふたり・・・

子どもはお母さんやお父さんに抱っこされて4人かな?

黄色い服の男の子は幻燈で暗くすると「こわーい」と外へ。

それで戸は開け放したまま幻燈を。

でも作品そのものがしっかりしているので、明るくても大丈夫。

リコーダーの調べとともに巻かれ拡げられる『ヤマネコ毛布』

4月から版画原画展会場のシマネコブックストアの

Mayomi ShindoさんのFB

動画もあります。

 

春にしか読めない『ウグイスホケキョ』

ウグイス笛・鳥笛などあれこれ吹いてみる。

リコーダーでのホーホケキョはかなり難しいとのこと。

 

20才の江くんは『きたかぜとたいよう』

ヤマネコに出てくる太陽と、イソップ物語に出てくる太陽の比較論

最後は朱実さんの友人のYukari Fujitaさんの

『砂漠の町とサフラン酒』

即興で千裕さんがリコーダーを添える。

子どもはちょっと退屈だったのか一人は寝てしまう。

ひとりはお父さんにだかれて我慢?して聞いてくれた。

ちょっと長いし怨みの文学だから、怖い。

でもYukariさんのしっかりした声が通り、目を瞑って聞くと情景が浮かんでくる。

 

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

くわつかの「つ」が濁った日でした。

最寄りリーダー会。

熊谷町までTさんの車。有難いなあ。

どきどきだった来年度総リーダーの推薦がなくてほっ!

日記広場と絵本がライフワーク。

荷物を階段下に置いて戸畑生涯学習センターへTさんの車で。

市会議員候補荒川徹さんの個人演説会の応援スピーチ5分間。

終わったらAさんの車で先ず図書館。

電話予約した山福朱実さんの『宇宙と地球のおはなし』を借りてさんろくこども園へ。

玄関入ってのスペースがゆったりと迎えてくれる。

左手から始まって・・・・・

エレベーターの両側に

シマリスが「やだやだやだ」は木の葉がいっぱい。

そして枕をどうぞと差し出す場面は

以前の金具を消すための苦肉の作で、木の葉をくっつけました。

 

28日土曜日は熊丸みつ子先生の講演会でたくさんの方がお見えです。

楽しんで下さるだろうなとわくわくです。

熊本支援の募金箱も用意します。

ちゃいるどるーむさんが作られたパネルも有難く拝借して飾りました。

ああ、久し振りにヤマネコくんに会えて幸せでした。

 

しかし、朝トースト1枚と紅茶一杯。

帰り着いたのが8時前。のまづくわづかでした。

お腹すいてすいて、友の家で買ったお米4キロその他を4階まで・・・・

考えました。

テレジンのこどもたちの、あの少ない食事に重労働・・・・

私は腐りかけの馬鈴薯でもなければ薄いスープでもなく、お腹いっぱい食べられる・・・・

ありがとう。ありがとう、感謝しながら階段を上がりました。

 

 

 

 

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

絵本カーニバルin東田

絵本カーニバルin東田での

九州ヤマネコ応援団による子どももおとなも楽しいおはなし会。

なんと北九州市長も見に来たそうです。

どの絵本の時だったのでしょう。

市長は『絵本に音楽があるのはいいですね」と言われたと村岡マダム。

11時半〜江藤直子さん作の幻燈『ヤマネコ毛布』

読み手はさとこ。ウクレレはつかのみきさん。

照明が効果的で、巻かれていく絵に子どもたちは見入ります。

しまった、終わって後の刺繍を見せるのをわすれました。

読んでいる途中には覚えていたのですが、終わった時には・・・・・・

 

次はドームの天井にプロジェクターで映し出される『きたかぜとたいよう』よみて藤田ゆかりさん。

敷物に寝転がって見ます。大きく映し出されても絵がくっきりして力強くて素敵でした。

みきさんは1時からの門司松浦邸「もみいづるころ」の人形劇のだいじなBGMなので、一目散に!

かわって中尾マナミさんがアコーディオンです。

アコーディオンの北風の音が良かったなあ。

1歳のJくんが時々足下に・・・・それで

江藤さん作の布絵本で遊ぶように谷瀬さんが誘導。さすが・・・

3番目は灯りをつけて、羊の人形で子どもたちを間近に誘ってマイク無しで

『ぐるうんぐるん』

たこをみつけるのに時間がかかりました。

「くわれてたまるか くわずにおくか」では

怖ーいと逃げた子も・・・・

最後はまるでプラネタリュウム『ちきゅうとうちゅうのはなし』ゆかりさん。

長いおはなしですが、ゆかりさんの声と天井の絵が耳に心に入ってきます。

 

全員揃っての練習は当日の一回きりです。

絵品カーニバル実行委員の有持さんの的確な助言と実行力で照明も音響も速やかに設定され戸惑うことにない本番でした。

ただ、時間がどれだけだったか気にする余裕がありませんでした。

まあ、30分くらい?

ドームの館内入り口には佐賀のヤマネコ展や今迄のヤマネコ展のチラシを貼り、11月23日ライブのお知らせも貼り、

版画二枚も飾りましたが、写真撮るのを忘れました。

 

ドームの左出口からでると、隣の木造二階建てに絵本が心地よく並んでいます。

おかあさんが絵本を子どもに読んでいます。

この灯りが素敵。

14:30からの影絵音楽物語「星空の金平糖」(有持正信さん作)に出てくる。

これもも見たかったし、

松浦邸にも行きたかったのだけれど・・・

昨夜左の喉から首あたりに鋭い痛みがあり、眠れなかった。

そういえば夕食時に左が開けづらかったし・・・

風邪かな?

起きて葛根湯を飲み、甘酒を温め生姜を絞り入れて飲む。

今朝は痛みもなかったが、午後の全てを断念し谷瀬さんからの花束を愛で、静かに過ごすことにする。

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

親子で楽しく感想文・夏の夜の・・・

7月28日19:00〜20:00

小森江西市民センターにて家庭教育学級主催の「親子で楽しく感想文」

10組参加。

前の席の3年生3人組の反応が楽しくてスムーズな展開(と自画自賛)

小森江はもちろん『さくらちゃん』懐かしいです。

電車降りてさくらちゃんの写真撮りました。

元気に緑を茂らせていました。

小森江市民センターは竹の蜻蛉やフクロウのランタン

メロンもおおきなのがなっていました。

地域の方々の作品。

29日の「夏の夜のおはなし会」は高見市民センターでしたが

仙人草が飾られています。

これも地域の方の持ち寄りだとか。いいですね。

 

29日(金)11:00〜と14:00〜

八幡西図書館での「親子で楽しく感想文」

低学年限定で各5組。

去年受講の方も・・「まあ大きくなったね」

キャンセル待ちの方もたくさんらしくて申し訳ないのですがこれ以上は・・・・

図書館主催での感想文講座も開くらしくちょっと安心です。

いつもは二回講座にしていましたが、体力考えて一時間。

今回のポイントは内容だけではなく、自分の体験とからめるようにすること。

シリーズを5冊も読む子にはページ総数をかぞえては?

恐竜のおはなしに子は裏表紙に全く関係のない亀が描かれているので、作者にたずねてみたら?

などなど

人数が少ないから出来ることです。

 

図書館で2冊読んで高見市民センターへ。

子ども劇場八幡東の「おはなしやさんこんぺいとう」さんの夏の夜のおはなし会。

部屋を暗くして・・・・ライトを当てて
・絵本『パパおつきさんとって』
・手遊び♪...
 太ももを叩いて桃
 おなかを叩いて林檎
 肩を叩いて梨
 頭の上で手を開いてパイナップルー(写真)


  一つずつ食べて行って・・・最後は無言で動作のみ。
・大型絵本『ありとすいか』
・手の影絵はクイズ!
  灯りをつけてみんなに手を見せてこれ何?
  暗くして・・・うさぎ など面白かったです。
  そしてその動物のでる
 影絵『アナンシと5』
  初めと終わりに鳴り物があって楽しかったです。
・最後はもちろん
 幻燈『ヤマネコ毛布』
 樹さんのCD♪風は生きよという♪はBGMです。
 ぴったりでした。
 語りは聰子です。


 客演ということで花束をいただいて感激しました。
8月11日は中間市民図書館でも!

Posted by やまもも | comments(2) trackbacks(0)

ナツメ書店 山福印刷の仕事」展

ナツメ書店今日まででした。

山福印刷の仕事。
山福さん(お兄さん)に伺ったのですが、戸畑の天籟通信の表紙の《「の」の連続》原画は残っていないのだそうです。
自鳴鐘もしかり。
『付録』の原画はあります。
2011年に若松で親子(山福康政・朱実)展しました。

またじっくり見たいです。
こんな貴重な原画が眠っているのは悔しいです。
たくさんの方に見て欲しいと思います。
若松図書館でしてほしいとI次長に話しました。
戸畑図書館では地元戸畑で生まれた俳誌「天籟通信」展をしたらとK次長に話しました。
実現しますように。


 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

『きたかぜとたいよう』みたい

牧山小学校の給食室のガラス戸に・・・・

昨日から寒かったのでいっぱい着ていましたが、まるで『きたかぜとたいよう』です。
一枚一枚脱いでいって・・・・・・


 
友の家は震災支援の日です。
石巻保育園の子どもたちや他の施設へのクリスマスプレゼントの寒がり坊やを作ったり、クリスマスカードを描いたりと手がたくさんいるのです。
気持ちはあるけれど動けなくてごめんなさい。
陽光に感謝。
午後久し振りにモトムラ鍼灸院に行きます。
昨日渡し場近くのカラオケ「耀子」で「楽々呑々おお乃」さんの1周年記念「昼下がりのシャンソン」に先輩に誘われて行きました。気分良く帰りは歩いていたら、だんだん痛くなって10歩歩いては休み、ようやく帰り着きました。
明日は治療だ!とがんばれました。

 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

アンネの薔薇

パロル舎の『ヤマネコ毛布』40冊!
どっさりのヤマネコくん、嬉しいなあ。

山福朱実さんの実家山福印刷さんに置いてあるのを引き取りに。
但しサインは5月に帰省されたときに。
のーてぃす木屋瀬でも5月15日ライブだから、そのときに優先的にということで。

山福印刷さんは若松区西園町。
2011年の秋に
若松図書館で『ヤマネコ毛布』と『砂漠の町とサフラン酒』(小川未明文)の原画展。
わかちく資料館で「山福康政・朱実親子展」
それ以来の訪問だったが、道を覚えていた。
車は玄関には横付け出来ない。
路地。
車をお願いした友人は40冊というので台車を用意してくれた。

若松なのでグリーンパークのローズガーデンへ。
北ゲートは薔薇園まで10分歩くというので、南ゲートへ。
入り口に車椅子!
友人が押してくれて200胆茲礼薇園へ。感謝。

薔薇の香がする。
好きなのはこの一重咲き。

名前はカクテルではなかったが・・・・

スロープを降りていけばたくさんの薔薇だが、帰りは坂道を押してもらうのが申し訳なくて上から眺める。
それだけでも十分すぎる眺め。

で、ピンクがかった黄色みの薔薇を見つけ「アンネの薔薇に似ている」と近づいたら・・・・
本物だった!

感激!
ついでに薔薇のハートの前で・・・・
寒くて固まっています。

寒いので屋台?(みんな車のお店)の焼きそばとぶっかけ麺で暖まる。

コスモスも!


帰宅後パソコンで
山福朱実『ヤマネコ毛布』原画展 九州の旅
の詳しいスケジュールを作成。
名称・住所・☎・期日などなど
チラシ裏面のMAPを田中時彦さんに作っていただくために正確に!




 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS