ピカピカ活動後千草ホテルへ


谷口淑子はあもにいクラブのピカピカ活動に参加。
去年の第一回目から今回が2回目。
西本町4丁目の公園に集まって、ピンクの軍手をはめて開始。
圧倒的にたばこの吸い殻が多い。
みんなこんなに短くなるまですって捨てるのかしらと思ったら、長くても捨てられている間にその部分はなくなって、フィルター部分¥だけが残るのだそうだ。
八幡図書館の近くの公園の野苺。
よく熟れてるのは甘かった。

1時間歩けたことに感謝。

終わってとしこさんも誘って、千草ホテルへ。
キュレーターの花田伸一さん企画展の最終日で、作家の坂崎隆一さんのトーク。
Posted by やまもも | comments(4) trackbacks(0)

谷口としこさんへのご支援に感謝!

昨夜選挙速報を事務所で待つ。
8時には事務所へ着いていた。
水晶占いをしたらOKと出たので安心していたのだが・・・・

2298票!
当選しなかったけれど、わずか4ヶ月の選挙運動で、これだけもの方が支持してくださったことは、素晴らしい。

宮澤賢治トークショウの終わりに「疑似家族・空想家族の時代です」と目黒実さんが仰ったが、このはあもにいクラブは、まさに家族だ。

彼女の笑顔と彼女自身から生まれてくる言葉が、集まった人々にエネルギーを伝え、またその人達のエネルギーが淑子さんを支えた。
まさに家族!

Posted by やまもも | comments(3) trackbacks(0)

はあもにい谷口としこさんの選挙


無所属で社民党推薦の音楽家谷口としこさんの選挙運動は、今日終わる。
雪だったり雨だったり、大変だったけれど、彼女は変わらぬ笑顔だった。
応援の人たちも、ボランティアでにっこり参加してくださった。
最終日は菜の花を持ち2時間歩く先頭にとしこさんの笑顔があった。
Posted by やまもも | comments(2) trackbacks(0)

こちらは谷口としこ後援会


23日の出発式以来、八幡駅前の谷口としこはあもにいクラブで電話かけをしている。
昼間は、留守の人が多い。
そこで年齢の書いてあるカードのなかで、60歳以上を選んでかける。かなりの確率でご在宅。
機嫌良く応対してくださる方8割。有り難い。
その中で「がんばって、応援していますよ。寒いから、あと少しね」と励ましてくださる方が4割くらいいらっしゃる。涙が出るほど嬉しい。

自分をふり返ると、選挙でお願いしますという電話を受けたとき「もう決まっています」と答える場合と、決まっていないときは「はいはい」と聞いていて電話の相手が一生懸命だとつい「がんばってください」と言ってしまう経験がある。それでその人に入れるかというと、そうではないこともある。

電話がどれだけ効果があるか自信がないが、もう1000軒くらいかけたようだ。どうか心を動かしてくださいと祈りながらかけている。
24日のお餅焼きの中学生
今日は早めに帰って日記広場。
土曜日に続いてお餅焼きをする。
1歳の子が2人いて、七輪で火傷しないかちょっと気を遣った。
遅れてきたNちゃんに
「これ焼けているけど食べる?」
Nちゃん
「自分で焼くよ」

今日はお父さんが二人参加。嬉しいなあ。
土曜日に続いて、焼き蜜柑をする。
全体こんがりと焼いた蜜柑を皮も全部食べると

  風邪をひかない!

穂高のenenさんに教わった。


Posted by やまもも | comments(2) trackbacks(0)

谷口としこさん出発式


いってらっしゃーい!

若いとしこさん、Mさん、笛子さんをのせて選挙カーは出発。
ポスターは狙っていたラッキーセブンがあたる。良い場所。

出発式は寒風の西本町二丁目公園で10時から。
区外の方も応援に来てくださる。

愛・IクラブのKさんも。
枝光諮問センターでの文章講座のMさんは、炊き出し一手に引き受けて事務所はいつも良いにおい。
劇団MAMの河童さんは、わたしが穂高へ行っている間もずっと事務所で働いてくださっている。グランパ句会の又太郎さんもポスティングをせっせとしてくださった。
南区のRさんも今日はわざわざ迎えに来てくださる。
みんなの支えで、この選挙は進行中。
31日まで、たくさんの人に「谷口としこ」に1票入れようという気持ちになっていただけるよう、みんなで力を尽くそう。

出発式の挨拶は、寒いからとにかく短くする。
最後に祝いの折句を1首

た のしくて
に っこり笑い
ぐち 言わず
としこさんとともに
はあもにいで行きます

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

予定候補者討論会

はあもにいくらぶへ。
4時にジェームス河童さんに迎えに来てもらって。
昨夜家に帰り着き、連れ合いの顔を見たら泣いてしまった。
やっと帰れた。でも帰るとき父が「今度はいつ来るのかね」と言うので選挙が終わったらねと答えた。

5時から八幡駅前のバス道路に面してとしこさんはハンドマイクを持ってた立つ。足下には菜の花ソングのカセットを置いて。今までの大きいのが壊れたそうで、こがたなので音量が小さい。聞こえない。
でも、彼女の八幡東区民に訴える声は、とぎれなく1時間!若さ!
信号機が赤になったときに声をかける。
5時過ぎに学童保育の帰りだろうか生姜雨一年生が4人通るので、呼び止めて「お母さんに谷口としこさんという人が道で話してたよ」と言ってねと名刺を渡す。4人ともしっかり私を見て「はい」と返事してくれる。
なんて可愛いのだろう。久しぶりに子どもに会えて嬉しかった。
女子高校生は無表情に歩いているけれど谷口としこさんの名刺を渡して「あなたたちの未来を女性の視点で考える人だと、お家の人に伝えてね」と話すと、表情が少し和らぐような気がする。
八幡東区ですか?ともたずね、そうではないと答えた方には「東区のお友達にたにぐちとしこって知ってる?と聴いてみて。きっと知らないというかもね」と押し売りをする。
とにかく話すことが一番。若い人は話を聞いてくれる。
耳を貸さないのは中年男性。仕事に疲れてるのかなあ?

7時からの高見市民センターでの討論会を傍聴。
東区の7人の候補予定者の討論会とは珍しい企画。
150人の予定だが、椅子を次々に出していたからそれ以上集まったのだろう。

一人欠席だったが、6人の意見が聞けて良かった。
しかし1時間半では討論ではなく、意見発表会。
質問が大まかなのでいきおい抽象論になるが、としこさんは新人らしく身近に引きつけて回答していたのは、身びいきにしろ聞きやすかった。
現職議員4人は自己の実績披露だが、k議員が「このなかの半分の人は知ってる顔です」は議員歴の長さを物語っている。
そして実績ではなく、弁論大会で優勝したので先生から政治家になれと勧められたという中学時代のエピソードは、親近感はあるけれど、政治家に私たちが求める理想像には遠い気がした。
としこさんの「30年ぶりに女性議員を」という訴えは、半分くらいは女性のようだったので響いたはず。

次は○×△問題。
1議員定数問題? 
このとき内容が聞き取れなかったのですが、としこさんは×をあげました。
2給付金問題 これも×
3中学給食を実施するのに小学校で(すでに調理室がある)調理したのを中学に運ぶ。これは△。つまり給食は実施に賛成だが、方法はもっと他にあるはずという意見。
4学校への冷房導入これも△で、将来的には取り入れる考え。
この堂々としたあげっぷり。いいねえ。

そして4項目の質問事項への回答になります。
質問の内容が非常におおざっぱで正直に答えようとしたら時間が足りません。
1の行政改革財政改革で、みなさん抽象論になっていましたが、としこさんは友人などの例をひいて「使いやすい公共施設をめざす」と具体的に述べました。
隣の席の人が「私もそう思う」と言われていました。
その人はわたしの新聞エコバックを見て、いいですね、作り方は?とか話しかけられて、聞き漏らした部分もありました。
現職議員が
行政と議会は両輪なのに、行政の提案はいまだかって否決されたことがない。行政はダンプのタイヤで、議会は自転車のタイヤだ」と言われたことがショックでした。
北九州市が1兆3千億円もの負債を持っているのも、そういう仕組みだったからなのかと、議員さんしっかりしてよと怒ります。
新しい風を起こすべきです。
としこさんに期待する人も多いでしょう。


Posted by やまもも | comments(3) trackbacks(0)

事務所開き


谷口としこさんのはあもにい倶楽部の事務所開き。
としこさんの決意表明は、良かった。
彼女自身の言葉で語ったからだ。
良く見せようとかの虚飾がない。
純粋に自分が考えたことを語った言葉は参加者に伝わった。

40人近い(以上?)の方々が集まってくださる。
図書館サポート北九州さん、
紅の豚さん(宮崎駿さんは身高校の先輩えのニックネームとお聞きする。それにとしこさんには先輩に当たる)
岡垣町議員の西田さんも来てくださって、としこさんへのカンパもことづかる。地盤看板鞄の3バンなしの選挙で当選した大先輩の貴重な体験を頂くことが出来る。
西田陽子さんと
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS