戸畑高校同窓会報天籟

20にちの筑後川

戸畑高校15回生なのだが、ひょんな事から「天籟」編集を手伝って、もう何年になるだろう。
今夜は編集会議で、5人集まる。
お子さんが風邪で急に欠席の方もいたが、女性二人に男性3人。
そのうち二人の男性が若手なので頼もしい。
一番若いのは40回生。
長男は43回生なのだ。

毎年1回発行。以前は6月1日だったが、去年から7月1日に。。
校正が5月のゴールデンウイークにかかって大変だったから、延びて良かった。
無関係だった頃、「天籟」が届いても見もしなかった体験があるので、どうしたら読んでもらえるのかと腐心する。

2時は戸畑もより。
こちらは3人。
いちばん年配のMさんが婦人之友3月号掲載の桜餅を作ってこられ、その心意気に打たれる。
偉いなあ。
クリームチーズと白あんの組み合わせがとってもいい。
皮は白玉粉

作ってみよう。
 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

戸高同窓会


戸畑高校75周年同窓会於リーガロイヤルホテル

友人Kさんは「忘れとった・・・・ごめん別用で出かけるから」
豊前のSさん「ちょっとまってね・・・・・・・どうぞだって」
で、女性は2人、男性3人の寂しいこと。
いつも電話をかけて人を集めるH氏は体調が悪いそうで、だから。

実は長男の43回生が当番幹事なのだ。
応援の意味もあって参加する。

麻生前知事も参加。

応援団は今年も女性。
感動するなあ。

12日から帰省していた長男は17日に京都に着いたのだが「来ようか」と言ったのは冗談だと思ったら、なんと会場にいるではないか。びっくり。

70歳の時、同窓会をやろうという話になる。
あと3年か4年後。
あの人この人と鬼籍に入る人もいて、寂しいなあ。

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

戸畑高校


校長と同窓会長対談の進行役で母校を二年ぶり。
新しい校舎なので、懐かしさは生まれないが、校長室の大きな「自主調和」の額にを見たとき、懐かしかった。古い講堂にあったのかもしれない。

桜はまだ。昔々先輩が卒業記念に植えた桜がぐるりとある。
平成28年が80周年だから、染井吉野だったらそろそろ寿命かな・・
今年の春は見に行こう。
しかし、在学中には桜があるとはまったく気づいていなかった。
なにしろ桜が紅葉するとは知らなかったくらい廻りに無知だった。
大学の構内の美しい葉っぱに「これは桜だ」と知ってびっくりしたのだった。
汚れた空気の北九州だからきれいな葉っぱがなかったのかもしれないと言い訳だが・・・・

約1時間、お二人のお話を伺う。
北筑から来られた校長は戸畑高校生の純朴さ素朴さを語ってくださる。
野球やバスケットや陸上の活躍
また進学校として、今の段階で60%の合格率は素晴らしい。
自習室を設けたが、同窓会から寄贈された机が役立っています。と。

同窓会は卒業20年後の年2000円会費を2000年度から導入した。
60歳になったら10000円でそれ以降は免除。
一学年450名だったのはいつまでだろうか、今は240名である。
卒業時に入会費と年会費を一括納入するが2万名以上の同窓会員がいるから、例えば同窓会報紙「天籟」を毎年1回14000人に郵送する費用は・・・・・
だから、サポーター制度を設け2000円以上だったらいくらでもと。
つまり寄付。

それは昨年度から奨学金として使われている。
進学を経済的な理由であきらめなくてもいいのは素晴らしいことだ。

戸畑高校は体育祭が有名。
私は15回生だが、30回生のときK先生が赴任されて以来晴らしい行進が開会に行われるらしい。
長男長女次男と戸畑高校だが、一度も見たことがない。
軍隊の行進には嫌悪感を感じるので、特に見たいと思わなかった。
しかし背筋を伸ばして歩くのはいいことだろうな。

来月初旬の編集会議までに原稿を纏める仕事ができた。

カフェアターブルで3人で昼食。
映画の撮影があっていて区役所周辺であっていて渋滞。
戸畑生涯学習センターで石岡史子さんの
「ハンナのかばん 悲しみを喜びにかえて」のお話しを聞く。
詳細は後ほど。


Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

6ヶ月ぶり同窓会報編集会議


6時半からの編集会議に出る。
若手のSさんが陣頭指揮。頼もしいなあ。
大先輩のK先生がいらっしゃるから、今年も大丈夫だろう。

ピカラックのtaniseさんは後輩だが、その同期にすごい人がいる。
「書の甲子園」に2回連続優勝の四国の愛媛県立高校書道部顧問の服部一啓さん。現在福岡教育大准教授。
三九回生。
私は一五回生だから、えーと二四歳下だから、ワー若いなあ41歳。
格好いいのである。
写真の右端、帽子の人だと思う。

「書道ガールズ甲子園」「書道ガールズ(仮題)と二本の映画がクランクインらしい。

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

戸畑高校同窓会報完成

戸畑高校同窓会会報「天籟」が完成し、反省会&祝賀会がとばたのしん門で開かれる。
今年は8月15日の同窓会のちらしがカラー別刷りで入っているから目を引くだろう。
編集に関わるまでは、「天籟」が届いてもあまり見なかった。
あまり記憶にないのだが、毎年出ていたわけではない。卒業時に同窓会費を納めるが、同窓生が毎年会費を納めるシステムになってから、「天籟」が復活したのだそうだ。

過去3回、一面の対談記事をまとめていたが、4回目の今年は穂高へ行ったり来たりでなにもお手伝いできなかった。

編集は長く戸畑高校で国語をおしえてらした6回生のK先生の忍耐強さと博識、9回生で長く同窓会事務をなさっていたMさん、この方のパソコン歴は半端じゃない、の外連味のなさ、13回生でもと戸畑区長のOさん、同じく清張の会の事務局長Uさんなど多士才々

わたしは15回生で、古さでは癸粥,△硲隠群鵝■横寛鵝■械飢鵝■械顕鵑伴禺蠅いるから、安心。とはいうものの、Oさんの取材やその他の手配の細やかさには頭が下がる。

料理が美味しくて食べるのに夢中で写真なし。
甘鯛よ茄子のパルサミコかけというのが美味だった。
若松トマトの例スープは、浮き実の(沈んでいたが)ゴマ豆腐がマッチ。

日記広場もしろくまちゃんのホットケーキを米粉でやってみたのだが、それも写真なし。
朝の読書も写真なし。
あめのせいかぼーっとしていた。

これは玄関に飾っているビュッフェ

Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

戸畑高校同窓会報「天籟」編集会議


第一水曜日に毎月ひらくので「一水会」
六月発行を目指して先月から追い込み。
四ページの「天籟」は麻生知事(10回生)と、もうひとり24回生の吉良さんの原稿を待つばかり。
みんなで全体を眺めて、校正。
校了は13日の予定。20000部発送。

今日は北九州友の会の例会だった。
8時半に若いNさんがお0迎えに来てくださる電話が昨日はいる。
しかし朝が起きられないので欠席する。
甘えかなあ。

どうも不眠症というか、寝付きが悪かったり不調。
いやねむっているには間違いない。
朝目が覚めるのだから。
でも、さわやかな目覚めではない、

先ず右肩が痛くて目が覚める。
体がこわばっている。

昨夜は俳句誌「樹」の作品展望を書いていたら、寝たのが4時。

写真は肥中にある手鞠花。
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

平成20年度第一回代議員会出席

紫蘇ジュースの美しいこと。

 9:30〜絵本カーニバルの選書の話し合いの前に折り紙の恐竜を習う

2:00〜折尾もモトムラ治療院で整体鍼灸治療 眠るだろうな

6:30〜戸畑高校同窓会代議員会 初めて出席する 眠たいだろうな
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

戸畑高校同窓会報「天籟」

これはM小の崖に散る花びら
はなびら
戸畑高校同窓会報「天籟」の一面は3年前から刷新。
楕円の顔写真付きの校長挨拶PTA会長挨拶はなし。
鼎談を持ってきたのは13回生の手腕。
で、何も知らずに司会をひきうけ、原稿も引き受け・・・・
何時間もの話を短くするのは大変なのだ。
続きを読む
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

戸畑高校同窓会

横尾邸玄関の屏風絵
戸畑高校卒業して45年になるのだろうか。一年に一度の同窓会総会。シンミョンの総支配人taniseさんは39回生で、今日の受付の総支配人。きっと寝る暇もなかったのではと、心配。
同窓会報「天籟」にいつも寄稿される4期生のHさんに編集委員二人でご挨拶に行くと、なんと枝光南市民センターでの朗読講座の受講生の片で、びっくり。
次男が戸畑高校時代に校長だった、大学の国文の同期生も来賓席に。
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

同窓会報「天籟」

まだ青い山桃の実。
山桃の青い実
わたしは戸畑高校15回生。昭和38年卒。
去年からどういうわけか同窓会報「天籟」の名前だけの編集長。実質は13回生の0先輩U先輩が尽力されて、さらに同窓生であり、母校の教諭を長くなさったK先生に負うところ大なのである。
続きを読む
Posted by やまもも | comments(7) trackbacks(0)
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS