十一月だけど十月さくら

美祢市の生外郎のお店おほづきにあったさくら。
可愛い。
 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

二重の虹を二回も


久しぶりの虹
一枝のKさんが電話

びっくりするほど大きな虹。
しばらく見ていたら薄くなったので部屋で、次女の作ったポーチの写真など撮っていた。

すると外が明るい。台風のまえの夕焼けだ!
又ベランダに出て驚いた。
消えたはずの虹がいっそうくっきりと・・・・・

今日帰る次男と墓参。明日長野に里帰りの次女(長野の姉の養女)が車を出してくれる。
車のついでに若松のやまHUく印刷所に朱実さんの『ヤマネコ毛布』をもらいに。
二〇冊すてきなサインいり!

次男を見送る。
墓参のついでに明治市で牛のあかみ500gを求め、和風サーロインステーキ作って持たせる。

泣くまいとがんばって、片付け開始。
長男が明日来る。次男より厳しいのでもう少し片づけていて、全く外に気がつかなかった。
で、携帯で連絡受けて外を見るとすてきな虹。

虹の後、夕焼け。
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

山ももちぎり

6年生のNちゃんと1年生のHくん。
初対面だけれど、2人で山桃ちぎり
するする木に登るNちゃんを羨望のまなざしで・・・・

そして彼もがんばる!

蚊に食われても、もっと上に登って山桃の枝を揺らして落とす。
おとなは指図に従って、傘を広げて山桃を受ける。


Fさんがチョコレートではなくキャロブ(イナゴ豆)のシフオンケーキを焼いてきてくださったので、みんなでお茶を。
子どもたちには紫蘇ジュース
おとなはホーリーバジルティー
Nちゃんはアイスと山桃でデコレーション
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

旧正月ですよ

初日の出拝む。
お雑煮を食べる。
あとは普通の休日。 
風船唐綿を飛ばし・・・・右上のもやもやが風船唐綿のわたげ


キャンドルナイト
Posted by やまもも | comments(2) trackbacks(0)

植物園散策


昨日の白野江植物園は桜が沢山。
それで今まで染井吉野は接ぎ木だから実がならないと思っていた。
実生の桜は何百年も生きるが、染井吉野は実生ではないから一代限りで、実はならないと信じていた。
ところが白野江植物園の桜はどれも実がついている。
「染井吉野」と立て札の桜にも・・・・ 

一本だけ何じゃもんじゃがあった。
夜宮も満開だろうな。

おたまじゃくしを久し振りに見る。
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

満月の櫻


明日の井手浦のおはなみと誕生日会の準備をしながら、ちらちらと空を見る。
月中天
携帯を持って櫻の木の下へ。
風もなく静かに櫻は咲いている。
満月がそれを包むように照らしている。
涙が出る風景だった。
 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

春嵐

強い風が吹く。
室内は16度だが、外は風が冷たくて体が縮みそう。
この風で桜が散る!
とほとんどのかたが思うだろう。

何時聴いたか読んだか忘れたが、桜は咲いたら1週間後には散るけれど、その間はしっかり咲き続ける。
平安時代の人は風邪がふいたら花が散ってあはれと思い歌を詠んだのも、ある種の風情はあるが、花が散るのは定めであって、摂理であって、それを悲しむか喜ぶか、人間次第。
8時頃コピーしに出たら、12日の月が雲間から顔を出した。
風は相変わらず強かったが、花びらは散ってはいない。
その花の間から月が見えて美しかった。

6日が満月。
ひょっとしたら満開の桜と満月が楽しめそう。

あわいで昼食をとぴあのさんと楽しむ。

本日の献立      平成二十四年四月三日(火)
一、鶏肉と豆腐の小判焼き または 鯖の塩麹焼き
一、合馬筍の煮物                
一、大根とスイスチャードのサラダ(塩麹ドレッシング)                
一、紅采苔のごま油炒め               
一、京なばなの梅酢味噌和え
一、スープ  
一、白米 または 雑穀米

子育てふれあい交流プラザで4月8日の絵本カーニバルのリハーサル。
とぴあのさんのピアノと絵本。
新しく『ちびゴリラのちびちび』を加えた。
曲はBugler's Holiday トランペット吹きの休日

明日は稲荷寿司を作ってコープの村櫻お花見。
100個作る予定!

Posted by やまもも | comments(2) trackbacks(0)

櫻のつぼみ

 
にっきひろばのMちゃんが大事にかかえてきてくれた櫻。
咲いてね。
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

冷たい雨でも催花雨なの

27日の午後6時半頃の西の空。
五日月

 
今日は寒い雨。
昨夕転んだせいだろうか首がへん。
首が回らないとまではないがなんだかぎこちない。
しかし自彊術をする。
一月は20回したのに、二月は前半風邪だったので、今日を入れて六回。
明日もやろう!
Posted by やまもも | comments(5) trackbacks(0)

新緑

台所のベランダに5年前くらいだろうか一本の木が育って、今年は芽がでないなあ、枯れたのかと思っていたら、芽吹いた。
京都の京阪電車の藤森駅に行く途中、同じ木を見つけた。
すこし紅い新芽で葉は細い。
上にぐんぐん伸びて私が手を伸ばしてやっと届くくらいのびた。
鳥が落として暮れたのだろう。感謝。
種から育てていた日向夏は枯れてしまった。
濃い緑の葉が好きだったのに。
毎年芽が出て少し伸びて、そして枯れるというパターン。

戸畑天籟寺のなんじゃもんじゃも咲き始めた。
白いちいさな花がびっしり。
対馬では真っ白な花が海を明るく照らすから「うみてらし」ともいうらしい。
大木になるそうだ。
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS