朗読

午後3時 八幡東キリスト教会で朗読会。
NHKアナウンサーだった山田誠浩さんの1時間40分『12番目の天使』
男の人の朗読はあこがれだったので、足は痛かったけれどEさんに無理を言って送っていただく。
一番前で、じっと目をつむって聴いていて,終わって目を開けたら涙がどーっと落ちてきた。
内容もすばらしかったし声が良かった。
中学でこれを朗読するに当たって中学教師の妹さんの助言がすばらしかった。
朗読のあと奧田牧師との対談で話して下さった。
杖をついての帰り道、痛さよりも満足感で嬉しかった。

お昼は久し振り抱樸館。博多のMさんも誘って。


10時からリーガロイヤル2Fカフェでヤマネコ九州の旅の企画会議。
大分からMさんいらして下さる。
風吹きからすのEさん、畦の町美術館のTさんそして博多からテレジンのMさん集まる。
十二月一日まで「ヤマネコ毛布原画展」は国立。そのあと九州へ里帰り。
大体来年の六月くらいまでのスケジュールが決まる。
いっとう最初は戸畑図書館。
次は図書館カフェITOHさんにお願いして、年末に八幡西図書館に搬入。
一月五日から展示し・・・・・・・宮崎や熊本や大分や佐賀や博多や・・・・・

FBでのやりとりではなく直接会って話すと、とんとんとんと決まる。
この原画展は作者の山福朱実さんのふとっぱらがあればこそ実現する。
有難いなあ。
しかしチラシやポスターなどは作って、たくさんの方に見てもらいたい。

問題点一つ。
八幡西図書館はガラスケースだから見守りは心配しないでいいが、戸畑図書館は正面入り口すぐのロビーで
パネルを出してかける。
直に見ることが出来て展示としては最高だが、見守りが必要になる。
その人員次第で展示日数も決まってくる。
ボランティア募集しまーす。
十二月初旬です。

 
Posted by やまもも | comments(1) trackbacks(0)

講演会

長野ヒデ子さんの「絵本の力 紙しばいの力」

子どもの館HOW!?7Fホールで。
Nさんの車で7F駐車場。なんと9時55分にならないと会場入り口は開かない!
開演10時だが、少し遅れて始まり、11時50分まで。
ゆっくりなヒデ子さんの語り口だが、あっという間に時間が来る。
15日から山鹿での公えん会や16日の仮面行列などこの暑さの中の活動のお疲れも感じられない。
お元気だなあ。
最初は戦争法案反対の署名活動のこと。
クレヨンハウス夏の学校
ここで集めた署名をそのままは送らず、何名集まりましたと書いての郵送。
それが山鹿出発前に「受け取り拒否」と戻ってきたとのこと。
衆院参院議長宛のは拒否されなかったが、安倍首相が拒否との新聞記事。
これは18日のデジタルで、朝日新聞の東京版には記事掲載。

拒否されても何回も何回も送ると弁護士さんの助言。

署名やってもなんの役にも立たないかもしれないと思う人は多いけれど、
署名するという行動をすることが大事。
なにもしなくて黙っていると、70年以上まえの日本に戻ってしまう。

絵本『おばあやんがおばあちゃんになった日』
作者が読まれるといいなあ。

紙芝居『おにぎり』
今紙芝居に力を入れてらっしゃるとのこと。

サインに長蛇の列。
前日の会食でいただいたサイン


アンネのバラが気がかりで,Nさんにお願いして牧山小へ。
この暑い中咲いていたし、蕾も。
虫食いや枯れたのを除く。
草も用務のN先生が取って下さっていた。有難い。




 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

手繰りよせる奥の意識

宇部市新天町の逍雲堂美術館での ハルハウス
Haruhaus:The sense to arrive in water vein。
手繰りよせる奥の意識

主催は春野修二さん
戸畑生まれの、しかし自称「故郷喪失者」宗左近さんと北九州を結んだ方。



逍雲堂さんのシャッターの絵が素敵。
それを描かれた方も来られていた。

1階は薄い紙が下がっており、少し高い円形の木の風景
不要になった木材から作られた冬の木・・・・力を蓄える葉のない冬の木

梯子に上って覗き込む
小さな木の集まりだが、大きなものに見えた。
下には・・・

春野氏の撮った青空の写真。
ガラスの棒がしたたりを落としているかのようだった。
美術館蔵の貴重な版画やハルコレクションの浮世絵など、2階3階へ
夏目漱石、川端康成、萩原朔太郎の版画の肖像画!

そして青空の屋上に・・・・周りに何も無いところを上るのはむかしよりとても怖い。
京都の駅からずっと、足下が崩れそうな不安が足首のところにくっついているみたいだ。

今夜は宇部市はお祭りで花火!
この屋上で宴会しながら花火見物だったのに、前にビルが建って・・・・・
どっこもだなあ。

大好きだったのはこれ。
紙芝居の枠。
しかし、本体を入れるところがなかった。
あったら、即譲ってもらったのに・・・・・

6時からは東京福岡中津の3人をお迎えして急遽俳句会。
終わったら提灯山へご案内。
半月が満月みたい????

こういう面々です。一番若いc子さんは後ろ姿!


 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

語り

戸畑の図書室カフェITOHでのTOSYOCAFE LIVE
《東北の民話と宮澤賢治》
語り手は宮園智子さん

「福岡おはなしの会」「語りの森」
実はふあふあさんのブログやFBでお名前は存じ上げていた。
念願が今日叶った。
釜石出身の宮園さんはその土地の言葉で語って下さる。
『なんげえはなしっこしかへがな』北彰介文大田大八絵
の中から「へんび」
ながいながいへびのおはなし。
津軽のお話しですが、蛇がどんなに長いかの繰り返しがユーモラスで、楽しい。
リズムがいいのだろう、心地よい。

『かちかち山』は日本昔話百選から
『さるむこいり』は「すねこたんぱこ」南部のお話しから
そしていよいよ
『注文の多い料理店』
宮澤賢治さんはいわゆる標準語で書かれているが、宮園智子さんは岩手の音韻で語られた。
カ行タ行が濁る音韻だったかな・・・

引き込まれる。
一番前を陣取って、私だけに語って下さってると思えるほどの贅沢さ!
朗読や絵本を読むのと違って、柔らかな言葉の袋?ガーゼのような柔らかさ・・・・にすっぽりとくるまれる感じ。
胎児の時の気分?
安心して、なにも心配がなく、そのままを受け取っていいのはとても気持ちがいい。
図書室カフェの伊藤さんに感謝。


赤とんぼの高橋純一さんも。
30日(土)に宮澤賢治さんの弟清六さんのお孫さん和樹さんが太宰府市の通子が公民館にいらっしゃって
「宮澤賢治と紙芝居」堀尾青史生誕100年記念講演
行きたいけれど銀の時計例会。
高橋さんは湯布院に絵本美術館を作られた方。
ああ、行きたい。

今年も風船唐綿の花が咲く。
今年も花に露が・・・・
うまく写真が撮れない。






 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

1日遅れ月命日墓参続


この水仙ははるちゃんのお庭から。
月曜日届けて下さった。グランパ句会の前に久しぶりに整体鍼灸の治療受診。
それで出かける用意をしていたときだった。駅まで送って下さる。
すぐ電車に乗れた。黒崎で若い男性が横に来て「こんにちは!」
あらまあ、ゴンちゃん。
年末のこそは祭りで会ったけれど、またあえて良かった。
高校時代に発症し、いまも病気と向き合ってがんばっている。
グランパ句会には欠かさず投句のゴンちゃん。ありがとう。
会えたのもはるちゃんの車だったから・・・・不思議だなあ。
こんな風に良いことばっかりあるのに洗濯機・コンベックは壊れ、洗面台の排水が悪くて不便。

モトムラさんは二月は一回も行っていない。
それだけ忙しかった?
で、寒さのせいもあって右肩が痛い、右腕が痛い、右手がしびれる。
息子の「70肩じゃない?」には笑ってしまった。
40肩50肩とか無経験だったから。
念入りに整体してくださって気持ちよかった。

グランパ句会。
一番若い藍さんは英語を1年間勉強するための準備の横浜行きで欠席。
50代〜70代4人の寂しい句会
若い方でなくてもいいからどなたか参加して下さらないかな
珍しくわたしの俳句が高点!

さて、13日は一日遅れの月命日墓参。晴れ
次女の車の助手席でなんだか久しぶりに暖かくのんびり。
暖かいと気持ちが良い。
わが家の暖房は90hにデロンギ1台。
先日来の寒さに耐えてからだがこわばって肩こりになったのかもしれない。年寄りの冷や水?

まずは割子川の中古品のお店へ。
2週間前から洗濯機が不調。
蓋のロックがかからない。
なんとかきげん?とって動かせたが(私ではなく次男の力)1週間前にダウン。
2013年6月に買ったのに。
その前は2010年購入がもも太郎のおしっこのために5年保証も訳に立たず・・・・
では新品買うよりもとの次女の発案。
予算取っていなかったので一万五千円で買えて、赤字が少なめに抑えられそう。
コンベック・・・少し考えよう。

折尾の玉ちゃん食堂でランチ。
美味しい。
五十度で洗い、八十度4時間蒸しの薩摩芋の甘いこと。

連れ合いのお墓にたくさん感謝を述べて、頓野の「草花ノ香リ」さんへ
2時にベーグルが届くからと、12日が忙しいのもあったけれどそれもあって今日にしたのだった。
ちょうど届いたときだった。ベーグルを抱えた女性が「さとこさん?」
えーっ、初美さんではないか
びっくりびっくり。
初美さんがFBで出しているのを「食べたいなあ」とずっと思っていたのだった。
念願叶う。

ベーグルは大人気ですぐ売れてしまう。
平日で直方の奥なのに、人が次次に訪れる。
築百年以上のお家を改造して花屋さん。
カフェも座ってまったりと。
革製品や染めや絵やクッキーやハーブやパンなども販売。
借景が良い。

夕食後、次男が洗面台に着手。
U字管を外す。わーへどろ!
しかし原因はそれではなかった。

修復後の写真なのだが、昨年灰色の部分が割れそうで工事の方が巻いたガムテープが陥没して水が流れなかったのだった。
この部分は売っているのだろうか?

一安心してマーマレードつくり。
水俣の甘夏。
今年は11箱注文で8箱完売。

皮はざくざく切り3回洗う。実は種だけ採ったら鍋の中でざくざく・・・・
今夜はそれを漬けておく。明日煮よう!


 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

紀行展


ヒエログリフで「クレオパトラ」と書いています。
鷲?の形がAの音?
世界の文字紀行展:主催華一文字(はないちもんじ)
中本町の研ぎ師の岡野さんが黒崎コムシティの市民ギャラリーで15日まで開催。
最終日に行く。
19年前
から文字に興味を持ち、21カ国の50音図を作成。
タイ文字はこれ。

古代文字の楔形文字で陶板に刻まれた
高村光太郎の『道程」


21カ国語の「ありがとう」
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)


動物園の地図。森本千絵さんと黒田征太郎さんの絵と言葉。
この地図では迷うらしい。
到津の森園長岩野俊郎さんのお話しが聞けた。
プラザの神田さんのブログで岩野園長の隠れファン。
初めてお会いする。
1昨年の映画「じんじん」のご協力のお礼を申し上げることができて良かった。
題は
素朴な信念と言う言葉が印象的だった。
たとえば動物園は動物が一杯いるところ。先入観、あるいは固定概念。
男は外で働いて稼ぎ、女は家庭を守る。これも素朴信念。
ヒトが直立歩行始めた200万年前は、そうではなかった。
では進化かというとそうではない。
わずか400年まえ?近代社会が主婦という役割を発明した。
標準家庭・父性母性という信念。
『子どもの育つ条件』柏木恵子
『絆の構造』高橋恵子
『良い父親悪い父親』ルマッソン
『マザーネーチャー』サラ・ハーティ
『戦う動物園』
「親の数々の過ちにもかかわらず子が健やかに育つのが事実
   『こころの旅』神谷美恵子

天からの授かり物として子どもを受け取っていたが、今は生む生まないの選択をするので
「子どもは自分の持ちもの」と考える人が多い。
更に戦後GHQによって「強固なムラ構造」が解体され、3世代同居が壊れた。

人工哺育された動物は、もう動物ではない憐れな存在となる。
ヒトは人工哺育?
ヒトは他の哺乳類に見られないような複層的社会を持っている。
園長の疑問
/祐屬寮屬舛磴鵑呂匹Δ靴銅紊い里?
動物は死ぬまで(おばあちゃんでも)産めるのに人間は?

アメリカスラム街 ハンバーガー社会
ライオン 100頭産んで15頭生存
性的二形  オス20キロ 雌10キロ
性的一形  小鳥は雌雄どちらも餌を子どもに運ぶ
悪阻  肝臓が解毒できなくなるから起こる
ドイツの就労時間は6時間
3時に終わって保育園に父親が迎えに行く。
かえって能率は上がっているそうだ。

共同育児

この映像は全国友の会幼児生活団とあった。
ダヤクオオコオモリはオスも授乳する。
男でも赤ちゃんを抱きしめるとオキシトシン分泌!
父親も進化したら授乳できて、ほんとのチチ親?というオチでした。

さいごに2009年アフリカでのぞうの親子連れの映像

象の社会性。

1時間の濃いお話しでした。

次はレペテの会(このお話しの主催者)
このフエルトボールを考え数学教育を幼児期からと活動を始めた上野さん

みんなフエルトニードルでちくちく
手前のオレンジの上にフエルトボールを置いて、数字を植え付けていく。
私は右手がしびれて・・・・左手でやってみる

FBを見てOさん遅れて参加。
次の牧山小まで送ってくださって感謝。
図書室が・・・・

お昼休みのおはなし会
Yさん 『ぼくのかえりみち』
Mさん 『おばあさんのスプーン』
さとこ 『空が青いと海も青い。』
Sさん 『だいくとおにろく』

明日は一枝の「ぽっぽの会」で絵本のおはなし。
終わったら最寄りなのでやまももカフェはお休み。
岩野園長のお話を聞くのに力が入って、準備どころか足のマッサージ器をかけたら眠くて・・・・

さあ、頑張ろう。










 
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

こそは30年


こそは祭り三十回。
熊手町クリニックの吉本哲郎医師が街中に精神科をと、黒崎の熊手に診療所を構えて以来、毎年こそは祭りは開かれた。
明日こそはの「こそは」祭。
グランパでワインを飲みながら、皆ひっくるめて俳句会をしようとグランパ句会を立ち上げたのは吉本先生。
グランパーオーナーと高校の同級生という関係で、引っ張り込まれグランパ句会のお世話をして一五年。
劇団MAMのお手伝いも、演劇少女?のまねごとが出来て楽しかった。
ひそかにその昔あこがれていた松橋登さんと、同じ舞台に立てたし・・・・・

でもSさんやNさんの姿が見えず、寂しかった。
一年に一度旧交を温めたかった。

十二時から始まって三十歳の誕生日ケーキ!

男性陣の恒例のこそはコール。
ごんちゃん頑張る!

閉会挨拶まで居らず、JR。
駅にはガールスカウトボーイスカウトの募金活動。ひびしんもね。これはティッシュ付き。
小銭入れに小銭があって良かった。行きも帰りも・・・・

西小倉で降り朝日カルチャーへ。
一回行ったことはあるが不確かなので在宅の次男にメールで尋ねる。

第一部の 武満徹のうたの世界 とティータイムは終わっていた。
第二部は「わたしのすきな歌」
朝日カルチャーの六人の生徒さんとギター橋口武史さん
講師の関雅子さん
歌は良いなあ。
楽しんで歌っている。
歌いたいなあと、ちらと思う。

クエストで絵本をこれもあれもと買ってしまう。
バス停までが足が痛くて・・・・
帰りのバス内で次男に出迎え要請。
自転車で荷物持って帰ってくれる。ああ良かった。
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

電話


2年まえ?3年まえ?いまESDステーションの昔の「部室」に雪文さんの猫。
いいなあ。
5日夕方日記広場の真っ最中で、気づかなかったが携帯電話に電話があった。
電話番号の表記なので、登録した人以外。
092047○○・・・なのだ。福岡かな?
九産大に作文添削を送ったので,そこからかと調べるが違う。
次男が調べるとなんと壱岐市民病院。
間違いよねと思うが、心配でかけてみる。
間違いだった。ああ、良かった。

南小倉バプテスト教会のバザーにお誘いしたOさんと筑豊キャラバンで繋がっていた事にびっくりしたのが3日。
なにしろ五十年まえのこと。花稜会館という懐かしい名前・・・・
共通の知人もいて盛り上がる。
そのひとりFさんのことが気になっていた。
3つ上のあこがれの人・・・・・
東京土産のお皿はいまも大事にしている。
1965年1月25日にいただいた小さなな聖書も・・・・
絵本や童話に目覚めたのは、その方の薫陶。

壱岐の病院というので、ひょっと・・・・
でも、私の携帯知ってるわけないし・・・・
でも長崎のテレジン展では問い合わせとして公開していたし・・・・

ちょっと胸が騒いだ電話だった。
Posted by やまもも | comments(0) trackbacks(0)

山福朱実さん


なんと大雨が心配されたのに、雨が上がりおひさまが・・・・
この夕焼けは大きな台風の予感(いやもう予報は出ています)
若松の海岸沿いの「ねこのじ」に4人集まる。
3人とも私の大好きな人。
その一人山福朱実さんとは太宰府のあっぷっぷでの原画展以来。
あの原画展を見て、しかもすてきな原画が若松のご実家にあると伺って、原画展をしたい。
どうせならお父様の山福康政さんの原画もご自宅にあるらしいから、親子展を・・・・

無謀にも友人Yさんと企画。
若松図書館などの協力(Yさんの力が大きかった)を得て2011年10月
すてきな題字も地元では有名な写真家書家のご協力。
おまけに山福母子合作のすてきな刺繍をいれる額もお借りできて展示。
すべてが幸運だった。

あれから各地で原画展をなさったから原画はご自宅と思ったら、若松のご実家にあるとか。
『やまねこ毛布』のフアンがいて、刺繍をぜひ見たいと・・・・・

誰かがどこかでやってくださらないかな。
こんなすてきな朱実さんです。
ピクチャーにはきちんと正面向きなのにUPすると横?
Posted by やまもも | comments(2) trackbacks(0)
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
OTHERS